こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、輸入する際の輸入禁止品と輸入規制品についてご説明します。

輸入を行うにあたって、輸入が禁止されている品物、輸入が規制されている
品物があります。

それらを知らずに、輸入禁止品を輸入しようとすると法律違反となりますし、

輸入規制品を輸入しようとすると没収や廃棄となってしまうことがあります。

下記をよく読み、それらの品物を輸入してしまわないようにしましょう。

■輸入禁止品

輸入禁止品とは、関税法で日本への輸入が禁止されている品物のことです。
以下、
税関のHPより引用します。

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

なんだか難しい言い回しがたくさんありますね・・・。

挙げられたものを見ていくと、麻薬などの薬物、けん銃や爆発物などの危険物、
化学兵器や病原体、お金などの偽造品・模造品・変造品、公安または風俗を
害する本や写真・ビデオ、児童ポルノなど、一般常識として輸入しては
いけない物が定められているということが分かりますね。


この中で注意しなければいけないのは、上記3に抵触する恐れのある
「けん銃ではないけれど銃刀法に違反する可能性がある」という商品です。

これは、例えばサバイバルゲームなどで使用するエアガン・ガスガンに装着
するためのスナイパースコープ、レーザーポインター照準器、などです。

これら単体では、人を殺傷する能力は無いのですが、けん銃やライフル銃
などに装着することができるため、それらの部品とみなされてしまうことが
あります。

この場合、税関で止められて、最悪の場合は廃棄という形になりますので、
個人輸入をする際には注意しましょう。


また、上記11・12に抵触する恐れがある商品は要注意です。
知的財産侵害物品といい、ブランド品のコピー品、既にある有名商品と
外観やロゴなどがそっくりな別商品、特許技術を侵害するような商品など
を言います。


個人輸入ビジネスを始めたばかりの頃は、ブランド品のコピー品を
間違えて仕入れてしまうことがあります。

eBayで仕入れる場合は、発送元が中国だったり、中国以外の発送元だった
としても価格が相場よりも大幅に安いだったりする場合はコピー品である
可能性が高いので、自分が真正品とコピー品の目利きできない場合には
取り扱わない方が良いでしょう。


また、既にある有名な商品と外観やロゴがそっくりだけれど別ブランドの
商品、というケースもあります。


例えば、日本でとても有名なアリ〇ミンという商品の別ブランド商品
として、アリ〇ビッグという商品(フォントなどもほぼ一緒)があり、
不正競争防止法違反品と指摘されたようです。

日本関税協会HP内資料より抜粋)

このように、分かりやすい物からぱっと見分からない物まで、
輸入禁止品は多岐に渡りますので、個人輸入ビジネスを行う際には
かなり注意が必要です。

■輸入規制品

輸入規制品とは、輸入はできますが色々な法律によって輸入が規制されている物の
こと
です。

規制する理由としては、産業、経済、保険、衛生、公安及び風俗等に悪影響を
及ぼす影響がある物が含まれている可能性がある物の輸入を制限するためです。

それらの商品は個人使用目的で輸入する場合は特に申請などは必要ありませんが、
数量が限定されます。

商業目的で輸入する場合には、輸入に際して申請などを行い、許可、承認、検査
などを受ける必要があります。

なお、個人での使用の範囲内とされるものについて許可されていても、国内での
販売目的だろうと判断された場合や、個人での使用の範疇を超えていると税関で
判断されてしまった場合には税関で止められて輸入が出来なくなってしまいます。



以下に、特に注意すべきカテゴリを記載します。

<食品衛生法に関連する商品>
・食器、調理用具など口に入る物、触れる物
・乳幼児(6歳未満)の玩具

個人使用目的の場合、内容量10㎏程度までは輸入は可能です。
食品衛生法等による「届出」は必要ありません。

それ以上の場合は商業輸入とみなされ、食品衛生法に基き、厚生労働大臣の
指定する検査機関や厚生労働省に登録されている輸出国の検査機関で検査
(人体に有害な鉛やカドミウムの溶出検査等)を実施した上で、
食品等輸入届出書を提出する必要があります。


その輸入届出書などを基に、厚生労働省検疫所の審査を受けて合格して
初めて通関(輸入)が可能です。


<薬機法に関連する商品>
・医薬品、医薬部外品、サプリメント
・家庭用医療用機器(電気マッサージ器・体温計など)
・使い捨てコンタクトレンズ
・一部の化粧品

医薬品や化粧品、医療機器を営業目的で輸入するには、厚生労働大臣の
承認・許可等が必要となります。

医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)


この2つのカテゴリのうち、特に食品衛生法に関連する商品は多岐に渡る
ので要注意
です。

私はアメリカからフードプロセッサーの部品を輸入したことがありますが、
個人使用目的だったので大丈夫でしたが、輸入した後で食品衛生法に関連
する商品であることに気付き、税関に販売目的だと判断されなくて良かった
と安堵した覚えがあります。

■輸入規制品ー余談ー

余談ですが、私は会社員時代、水産系の商社で働いていたことがあり、海外から
水産原料や加工品を輸入していました。


水産原料や加工品には、日本の漁業者の保護のために、海外からの輸入数量を制限
している物や、特定の原産地又は船積地域に係る輸入について、輸入確認を行って
いる物があります。


例えば、昆布ですが、海外でも昆布は採れるのですが、国内の昆布業者を保護する
ために輸入数量がかなり制限され、一定量以上の輸入は出来なくなっています。
輸入できる数量がかなり少ないため、国内で十分に流通する数量に達しておらず、
国内で海外産の昆布を見かける機会はあまりありません。
たまに見かけたとしても促成昆布が多く、海外産の天然昆布はかなり希少性が高い
ので、もし海外産の天然昆布を見つけたら迷わず購入してみてください。


また、水産原料の一つである鮭やマスですが、鮭やマスを使用したフレークや
切り身などの加工を国内よりも加工賃が安い中国で行っていました。
それらの製品や半製品を日本に輸入する際には、水産庁と経済産業省に申請を
行い、承認を得てから輸入をする必要があります。(2号承認といいます)

こちらは数量に規制はありませんが、この承認が無いと輸入できないため、
輸入を計画する度に1回1回申請を行い承認を得ていました。

(原料原産地の証明書や加工日報、契約書などかなり事細かに書類を準備する
 必要があり、とても手間のかかる申請だったと記憶しています。)


カテゴリは異なりますが、これらも一種の輸入規制品と言うことができる
でしょう。

参考:水産物全般の輸入手続き:日本(JETRO)

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。