こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、ヤフオクの基本的な使い方(出品編)②と題して、
ヤフオクに出品するための操作方法についてご説明します。

一見難しそうに見えますが、慣れると簡単に行うことができますので、
しっかりと覚えていきましょう。

■ヤフオクの出品方法

ヤフオクの右上部分の「出品」をクリックします。

※ヤフオクには出品が禁止されている物、出品で禁止されている行為があります
ので、出品する前に該当していないか必ず確認をするようにしてください。


ヤフオク出品禁止物・出品者の禁止行為

Yahoo! IDとパスワードを入力し、ログインします。

※ヤフオクで入札・出品を行う場合は、利用登録が必要です。

ヤフオク!ヘルプ

次に、商品情報を入力していきます。

上から順に、解説していきます。

・画像:
商品画像は10枚まで載せられます。

私はだいたい5枚~10枚載せています。

商品の全体写真、パッケージ写真、付属写真などを撮影して載せましょう。

色味(カラー)が重要な商品の場合、実物と画像のカラーを同じになるように
画像編集ソフト等で編集して掲載します。


ヤフオクの商品画像は正方形で掲載されるので、撮影する時も正方形になる
ように撮影しましょう。

iPhoneであれば、通常のカメラアプリでスクエアにして撮影すると正方形に
なりますよ。
正方形にならない場合や正方形で撮影していないことに後から気付いた場合は、
PCのペイントなど画像編集ソフトで正方形に編集しましょう。


なお、商品撮影が苦手な方は、メーカーホームページや仕入れ先の商品画像
などを掲載しても良いかもしれません。


・商品名:
商品名を記入します。

パッと目を引くようなキーワードや記号を入れて目立たせましょう。


□、■、☆、★、◆、◇などの記号や、送料無料、即納、などのキーワードを
入れると良いでしょう。

文字数は65文字以内に収めてください。

・カテゴリ:
カテゴリから探して設定していく方法と、キーワードから探して設定していく
方法があります。

簡単なのは、キーワードから選択する方法ですね。

以下の図は「リール」と入力してみた結果です。
カテゴリが一覧で出てきますので、選択をすればOKです。

※合うカテゴリが出てこない場合は、キーワードを替えてみてください。

それでも出てこない場合は、ヤフオクTOPページから商品を検索し、同じ商品を
出品している他の出品者がどのカテゴリで出品しているか確認して、同じカテゴリ
で出品してください。

・商品の状態:
新品の場合は、「未使用」を選択します。
 
中古品の場合は、それぞれの状態にあった状態を選択してください。

・説明:
商品説明を記入します。

ここはとても重要な部分ですので、しっかりと書いていきましょう。

商品をよくチェックして、小さな傷や汚れなどがある場合にはきちんと記載を
しましょう。

商品説明に記載が無い事項について落札者からクレームがあった場合、
返金・返品対応が必要になるケースもあります。

どのように記載すれば良いか分からない場合には、同じような商品を出品して
いる他の出品者の商品説明を参考にしましょう。

※他の出品者の商品説明をそのままコピペするのはNGですよ。

商品説明をベタ打ちで文字だけで記載するというのも良いのですが、
私のオススメは、出品用のテンプレートを使用して綺麗な仕上がりにすること
です。

おーくりんくすというサイトのオークションプレートメーカー2を使用すれば、
WEB上でテンプレートを利用して、商品説明を簡単にしかも無料で作ることが
できます。

デザインも豊富で、かわいいテンプレートやシンプルなテンプレートなどが
たくさんあり、おしゃれな商品説明にすることができますよ

・おーくりんくす

 

・個数:
出品する個数を選択します。

商品は1個~9個まで出品することができます。

フリマ形式で複数個出品した場合には、落札者が1個だけ即決値で落札した場合、
オークション終了日時までそのオークションは終了しません。

また、オークション形式で複数個出品した場合は、複数の落札者が競っている
場合、同個数をより高値で入札した落札者が落札できます。

・発送元の地域:
発送する地域を選択します。

自宅から発送する場合は自宅の地域、発送代行業者を使用する場合は、
発送代行業者が発送する地域を選択しましょう。


・送料負担:
送料を出品者と落札者のどちらが負担するかを選択します。

ヤフオクは落札者負担が多いですが、落札者負担だと落札者の住んでいる地域に
よって発送元の地域からの送料が異なるため、落札率が若干落ちる傾向にある
ようです。

出品者負担で、配送方法をヤフネコ!パック、
ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)にすれば、
落札者も落札金額のみの支払いで良いため落札率が良くなるようです。

 


・配送方法:
配送方法を選択します。

記載のサイズを超えるような大型の商品ではない場合はこちらの中から選択
します。

ただし、レターパックや定形郵便などは無いため、その他の配送方法から
選択してください。

※その他の配送方法に希望の配送方法が無い場合には、自分で作成して
追加します。

・支払いから発送までの日数:
落札者が支払いをしてから出品者が発送するまでの日数を選択します。

有在庫販売であれば手元に商品がありますので、落札者に早めに発送するように
しましょう。

私はいつも1~2日を選択しています。

・販売形式:
ここでフリマ形式かオークション形式かを選択します。

前記事のメリットとデメリットを踏まえ、出品する商品の需要と供給のバランス
をよく調べ、フリマ形式かオークション形式かを選択をしてください。

フリマ形式で出品して、値下げ交渉を受け付けるにチェックを入れておいても
良いかもしれませんね。


・価格:
出品する商品の価格を入力します。

オークション形式の場合だと始値、フリマ形式だと即決値ですね。
オークション形式であまりにも安価な始値を設定してしまうと、仕入れ値よりも
安値で落札されてしまう可能性もありますので、要注意ですよ。


・終了する日時:
ヤフオク掲載期間の終了する日時を設定します。

最長で7日後まで設定できます。

1円開始オークションなどの極端に安値でオークション開始を行う場合、最低でも
4日は設定するようにしましょう。

それもよりも短いと利用者の眼に触れず、安価で落札されてしまう原因の一つと
なります。

オークション終了日時でオススメなのは、日曜日の22時~24時です。
(連休の場合は、連休最終日22時~24時です)


理由は、日曜日(休日の最終日)の夜の入札率が高いため、です。
土曜日や連休の中日は、翌日も休みのためかそこまで入札率が高くありません。
なお、平日であれば、水曜日または木曜日などの週の中日がオススメです。

自動再出品機能は、商品が落札されなかった場合に自動的に、設定した回数
だけ再出品してくれる機能
です。

こちらを使用しない場合には、手動で再出品作業を行う必要があります。

なお、自動再出品機能はかなり便利なのですが、使用する場合には同じ日数
で再出品されることに留意してください。


例えば日曜日終了で落札されなかった場合には、次の週の日曜日までの期間
で再出品されます。(これはOKですよね)

しかし、日曜日出品で水曜日終了(3日間)で落札されなかった場合は、
次は水曜日出品で土曜日終了(3日間)になってしまいます。

(土曜日終了だとあまり入札率が上がらないので避けたいところですが)

さらに、再出品の回数を3回にしていた場合、次は土曜日出品で火曜日終了、
さらに火曜日出品で金曜日終了となってしまいます。

(金曜日終了だと飲み会などがあるため、あまり入札率が高くありません)

以上のように、自動再出品機能は便利ですが、ちょっと不便な点もあります
ので、使う際にはよく注意するようにしましょう。


・注目のオークション:
こちらは有料オプションです。

別途お金を払えば、検索上位に挙がるように設定することができます。


検索上位に挙がれば、利用者の眼に触れる機会が増え、入札率も上がります


ただ、有料なので、使う場合にはできるだけ絞って効果的に使用するように
しましょう。


ちなみに、設定金額は1日当たり20円~で、単価×掲載残り日数×消費税の
金額が掛かります。


・あなたへのおすすめコレクション:
こちらも有料オプションで、マイオク内などでレコメンドされる広告への
出稿です。


特に使わなくても良いと思います。





最後にオプションです。

・終了時間を自動延長する:
これはチェックを入れ、ONにしましょう。

終了時刻前の5分間に入札があった場合には、オークションを5分延長してくれる
機能です。

この機能によって、終了間際の落札価格の競り上がりが期待できますよ

・総合評価で入札を制限する:
これもチェックを入れ、ONにしましょう。

この機能によって、評価が悪い人落札者からの入札やいたずら入札を防ぐことが
できます


・悪い評価の割合で入札を制限する
これもチェックを入れ、ONにしましょう。

上記の総合評価での入札を制限すると同じく、この機能によって、評価が悪い
落札者からの入札やいたずら入札を防ぐことができます


・認証の有無で入札を制限する:
これもチェックを入れ、ONにしましょう。

上記2つの項目と同じく、この機能によって、本人確認などを行っていない
利用者からの入札を防ぐことができるため、いたずら入札を防ぐことができ
ます


なお、この機能をONにすることによって落札されにくくなる可能性がある、
という説明を聞いたことがありますが、

いたずら入札をされる方が精神衛生的にも作業の手間的にも悪いので、
この機能はONにすることをオススメします


・出品者情報を手動で開示する:
この機能はOFFでOKです。

・返品を受け付ける:
この機能は、商品によって使い分けを行います。

例えば不用品を出品する場合にはOFFにして返品不可、新品の商品を出品
する場合にはONにして返品可にするといった具合です。


もちろん、新品を出品する場合にも、商品によってはすり替え防止のため
にOFFにして返品不可にする場合もあります。


落札者側としては、返品可の方が安心して商品を落札できますよね。

ただ、出品者側としては、商品に不備が無い限りはできるだけ返品はして
欲しくないものです。


たまに、落札して商品が届いたが、同じものが家にあったので返品したい、
などの落札者側都合でお申し出がある場合がありますので、よくよく注意
して設定してください。



以上の設定が終わりましたら、確認するボタンをクリックしてください。

プレビュー画面が開かれますので、内容をチェックし、誤字脱字、
設定間違いが無いことを確認してください。

問題が無ければ、ページの最上部または最下部のガイドラインと上記規約
に同意して出品するボタンをクリックします。


間違いがあった場合には、修正するをクリックすれば、前のページに戻れます。

出品するボタンの上にあるチェックボックスは、今後同じ商品を出品する可能性が
ある場合にはONにしてください。


下書きとして10件まで保存されますので、次回同じ商品を出品する際に下書きから
選択すれば、上記の入力の大部分が不要となります。

※終了日時などの入力は必要です。


いかがでしたでしょうか。

入力する箇所、選択する箇所が多くて大変に思われたかもしれませんが、
出品作業は慣れれば3~5分/件で行うことができますよ。


是非この機会に、ヤフオクに出品して販売を行っていきましょう。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。