こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、ヤフオクの基本的な使い方(落札編)と題して、ヤフオクで落札する際の
全体的な流れをご説明します。


ヤフオクは、個人輸入ビジネスでは販売先として使用しますが、私は個人的にも
利用しています。

(趣味の釣りの道具を落札したりしていますね)

落札者がどのような手続きをするのかを知るためにも、ヤフオクで出品する前に
実際に自分で落札してみると良いと思います。

■ヤフオクとは

もともとヤフオクは、アメリカのYahoo!がアメリカ向けに始めたオークション
サービスでした。(現在は終了)

その後、1999年にYahoo!JAPANが日本向けにYahoo!オークションを始め、2013年
に今のヤフオクという呼称に変更されました。

ヤフオクは、オークション形式と即決形式で出品者と購入者間で直接物品を売買
する場(プラットフォーム)
です。

出品されている物品のカテゴリは様々で、車の部品やおもちゃ、スマホ、PC、
アパレル用品など2019年7月時点で40,000点を超える品目が出品されています。

利用者数について公式の発表はありませんが、推計で1,600万人ほどが利用して
いるようです。

利用者層は30代、40代~60代の男性がメインとなり、商品もそれらの利用者の
趣味趣向に沿った商品が多く落札されているようです。

近年はメルカリの台頭によって利用者数は徐々に減りつつありますが、それでも
1,600万人も利用しているので、まだまだサービスは継続していくと思われます。

実際に、私が輸入している商品はヤフオクで販売しており、需要のある商品は
すぐに落札されていっています。

■ヤフオクの基本的な使い方(表示の見方)

それでは、実際にヤフオクを使って、商品を落札する際の流れを見ていきます。

まずは、ヤフオクにアクセスしましょう。

この画像をクリックすると、ヤフオクTOPページに飛びます。

商品の探し方は主に2つで、キーワード検索とカテゴリ検索です。

図の赤枠部分のヤフオクTOPページ左上の検索窓にキーワードを入力する方法と、
左の中段にあるカテゴリから検索する方法です。


探したい物の名前やメーカー・型番などがはっきりと分かっている場合には、
キーワード検索
を行います。


探したい物がなんとなくしか分からない場合には、カテゴリ検索
を行います。

キーワード検索を行っても探したい物が見つからない場合は、検索キーワードを
広げて検索
してみてると見つかる場合もありますよ。

試しに、私の趣味である釣りに使うリールを探してみます

検索窓に「釣り リール」と入力して検索を行います。

ちなみに、「釣り リール」と入力すると、プルダウンメニューが開き、
カテゴリに分けられた検索結果が案内されますが、ここでは一番上の
すべてのカテゴリを選びます。

カテゴリを最初から絞ってしまうと表示される検索結果が少なくなって
しまう
ので、まずは絞らずに行います。

ヤフオク全体で「釣り リール」という検索キーワードにHITした件数は、
赤枠で囲った8,600でした。

多いですね・・・。

なお、その8,600件の出品形式の内訳が、青枠で囲った部分に表示されています。
オークション形式が3,412件、定額形式が5,188件ですね。

オークション形式というのは、オークションの終了日時までに最高金額を入札した
人が落札できる方式のこと
を言います。

どこにも売っていないので高値でも良いからどうしても欲しい、という商品の場合
には、私もオークションに参加しますよ。

オークション形式の場合、競っている人がいると価格が更新されていくので、
落札できるか否かでドキドキ感を味わうことができ、オークションの醍醐味を
感じることができます。


無事競り落とせた時には達成感が得られますが、思った以上に高値になってしまう
こともあります(苦笑)

逆に相場よりも安く入手できることもあり、その場合にはお買い得感を得ることが
できますよ。



定額形式というのは、出品者が出品する際に、落札希望価格を即決価格として
あらかじめ設定する方式(フリマ方式ですね)のこと
を言います。
オークション終了日時まで競る必要が無い代わりに、落札希望額より安く落札
することもできません。

即決価格で落札すればすぐに自分の物になりますので、落札というよりは購入
といったイメージの方が強いですね。


それでは、下の方の商品画面の見方を説明します。


まず、①は出品者の評価を表しています。

これまでの取引の中でどれだけの割合で取引相手から良いと思われたか、という
ことを表しています。

この数字をクリックすると過去の評価内容を見ることができますが、私の感覚と
してはこの評価率が80%以下の方は取引をする時には要注意かなと思っています。

評価率80%ということは、10件のうち2件の取引が良い評価をされなかったという
ことです。
評価内容によっては取引相手の対応が良くない場合もありますが、2割の人から
良くない評価をつけられているということは、その出品者の商品や取引内容、
対応などに問題がある可能性があります。


次に、②は発送地域を表しています。
ヤフオクは落札後の送料は落札者が負担することが基本になっています。
(フリマアプリでは出品者負担が基本ですが、ヤフオクは落札者負担が基本です。
理由は分かりません。)

落札する場合には発送地域を確認しておきましょう。
落札したはいいけれど、発送地域が自分が住んでいる地域と離れている場所で
送料が高かったということもあります。

(出品者が北海道で自分は東京に住んでいて、送料が2,000円掛かった、など)

安く落札して喜んだけれど、送料を考えると同じ商品を出している他の出品者
から落札した方が安かった、ということもありますよ。


③の送料無料アイコンは、②にも関連していますが、送料を出品者が負担して
いる場合に、このアイコンが付きます。

この場合だと落札しても送料が別途かからないので、落札者は落札金額のみを
支払うことになります。


④の出品マスターアイコンは、出品者がある一定の条件を満たしていると
ヤフオク側から付与されるアイコンです。

その条件は、出品マスタープログラムに参加しており、以下条件をすべて
クリアしている必要があります。

少なくとも3か月は継続してオークション出品をしていないと付与されず、
取引内容や評価内容も獲得条件があるため、このアイコンが付いている
出品者は信用できる
という証になっています。

【2021年6月9日追記】
ヤフオクの仕様変更に伴い、出品マスターは2021年3月31日23時59分を
以て廃止となりました。

■ヤフオクの基本的な使い方(落札方法)

次に、探したい商品を絞ります。
さすがに8,600件を見ていくのはしんどいですものね。

型番などが分かっている場合は、先ほどの検索窓に追加して型番を入力します。
型番などの情報が分からない場合には、そのまま画面を下の方にスクロール
して
いきます。

なお、表示件数は100件を選択しておきましょう。
表示件数が少ないと、次の検索結果を表示するために「次へ」をクリックする
回数が多くなるため、大変です。



今回は、型番が分からないので、そのまま下の方にスクロールしていきます。
下の方を見ていくと・・・こんな商品を見つけました。


海釣り用のリールで探していたタイプ。

新品の定価は3万くらいなので、価格も1万円台でお得。
早速、詳細を見てみましょう。


良いですね。

商品の状態に記載してある文言を読むと、目立つ傷は無いと記載されています。
中古商品ですが、状態もそんなに悪くなさそうなので、1万円台だったら
落札しても良いかなと思います。


中古品の場合、ここに状態が記載されています。
新品の場合は未使用と記載されますよ。


現在の価格を見ると13,800円で入札は無し。
即決価格を見ても14,800円で価格が大して変わらないため、ここは即決で購入する
ことにします。

なお、今回の商品は出品者が発送する地域が福岡県なので、私が住んでいる東京都
まで
980円の送料が別途必要であることを確認しておきます。

また、今回の出品者は個人ではなくストア(事業者)なので、消費税がかかります。
※ヤフオクでは、個人ではない出品者(会社など)が出品する場合にはストア登録
をして
出品することになります。

ストアの場合は、消費税が別途かかります。

ポチっとな・・・。

無事、落札することができました!

 



今回はあまり値差が無かったので即決形式で落札しましたが、オークション形式で
入札する場合は以下のような流れになります。

例えばこちらの商品ですが、現在9件の入札があり、現在価格は2,400円、
残り時間は1時間です。


こちらに入札を行います。


入札するボタンをクリックすると、ポップアップが出てきます。

この商品は入札が入っているので、競っている人が他にいます。
この場合は、金額を入力する箇所で、自分が出せる限界の金額を入力し、
確認するボタンをクリック
すればOKです。
他の人が入札を繰り返しても自動入札機能が働き、入力した金額以内で
その入札より高値で自動的に入札されます。

これはどういうことかと言うと、例えば3,000円と入力をしたとします。
既に2,400円で入札があるので、自分の入札は2,500円で入札がされます。
他の人が2,600円で入札をしたとしても、3,000円まで設定した自動入札
機能によって、すぐに2,700円で入札し直されます。

このまま設定した3,000円になるまで自動入札機能が繰り返されますので、
このオークションから目を離していても大丈夫ということです。


他の人がそのまま入札せずにオークションの終了時刻になれば、落札完了です。

こちらも、無事に落札することができましたね!

マイオク→落札分→落札した商品の欄の取引連絡の順にクリックして、
届け先情報を入力し、発送方法を選択(複数ある場合)します。

なお、支払いは出来る限り早く行いましょうね。
自分が出品者の時に、落札されても支払いが無いという状態になると、
この人は本当にこの商品が欲しいのかな、いたずら入札じゃないかな、と
不安になってしまいます。
顔が見えない取引ですから、相手に不安を抱かせる取引をしないことが
良い評価を貰える秘訣の一つですよ。

さて、支払いまで終えれば、あとは出品者が発送をして商品が自分の手元に
到着するのを待っていればOKです。

商品が手元に到着したら中身を確認し、問題が無ければ受取連絡をします。
受取連絡ボタンをクリックしないと出品者に商品代金が入記されませんので、
ここは迅速に行いましょうね。

その後、出品者を評価してこの取引は完了です。
評価の内容は、商品の発送や手元に届いた商品が問題が無いようであれば、
「非常に良い」を選びましょう。

いかがでしたでしょうか。
ヤフオクで取引する方法は意外と簡単ですので、初めての取引で戸惑ってしまった
としても何回かやっていけばすぐに慣れていきます。

ヤフオクには膨大な数の商品が出品されていますので、
欲しかった廃番商品が出品されている!など、思いがけない掘り出し物を
見つけられることもよくあります。


また、あ!こんなに安く出品されている!など、安く手に入れられるチャンスも
ありますので、是非ヤフオクを使っていきましょう!

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。