こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、個人輸入ビジネスにおける偽造品・詐欺サイトの見分け方、と題して、
個人輸入ビジネスで偽造品や詐欺サイトに引っかからないための注意点を
ご説明します。

 

日本国内では偽造品や詐欺サイトはそこまで多くはないですが、
海外ではそれこそ日常茶飯事的に身の回りに転がっています。

私が会社員時代に数か月間駐在したことがあるお隣りの国では、
日本のテレビ番組を録画してコピーしたDVDが正規品のように売られている
のを見かけたことがあります。


個人輸入ビジネスを開始してからは、
定価や相場価格よりも明らかに安すぎる価格設定で、
注文しても商品が届かないまたは違う商品が届く、というような詐欺サイト
をよく見かけます。

これらの偽造品や詐欺サイトは世界中に転がっていますので、
世界を相手にする個人輸入ビジネスではそれらに当たる確率も多くなります。


きちんとそれらを見極める目を持ち、
間違って輸入したり注文したりすることがないように十分に注意しましょう。

■偽造品の販売は絶対にダメ!

海外には偽造品、コピー品が本当に多く流通しています。
例えば、某有名ブランドの偽造品、某有名キャラクターのコピーキャラクター
など枚挙に暇がありません。


最近ではインターネット上でも偽造品やスーパーコピー品を販売している
サイトを見かけます。

この前、日本のインターネットの広告欄でパチモンを堂々と広告しているのを
見かけてびっくりしてしまいました。


ご存じだとは思いますが、偽造品やコピー品の販売は違法です。
偽造品やコピー品を輸入・販売すると逮捕されますので、
個人輸入ビジネスで偽造品やコピー品には絶対に手を出さないように
してください。

直近では鬼滅の刃関連の偽造品・コピー品を販売して逮捕される人が続出
しています


ブランド品や人気商品を取り扱う際には偽造品・コピー品では無い旨を
十分に確認
し、本物だけを取り扱うようにしてくださいね!

■偽造品の見分け方

では、偽造品を見分けるためにはどのようにすれば良いでしょうか。

まず、eBayでブランド品を探す際には、
商品の発送元が中国になっている商品は絶対に購入しないでください


先ほども書きましたが、街中で普通に偽造品やコピー品が売られている国
ですので、中国発送のブランド品は偽物である可能性がものすごく高いです。

※中国発送のブランド品の中で、中国発祥のブランドの商品はOKですが
他の国発祥のブランド品はNGという意味です。

上の写真にもあるように、ミッ○ーのデフォルメされたキャラクターや、
マ○オとミ○キーが混ざったような新たなキャラクターが存在している国
ですので、発送元が中国で他国発祥のブランド品も然りですね。

 

また、最近では、中国でコピーされた商品が正規品として他国に流れ、
そこで販売されているケースもあります
ので要注意です。

上に掲載した新聞記事の左上の記事には、「海外の正規品かと思った」と
記載があります。


この商品はどうやら中国でコピーされ、東南アジアの国に正規品として
輸出され、その国で正規品として販売されていたようです。

それじゃ分からないよ、と思うかもしれませんね。

でも、その国で売られている価格がものすごく安いのです。

もし日本で2万円前後で販売されている商品が
いくら海外版だからといって1/10くらいの価格で販売されていたら、
ちょっと変だなと思いますよね。

(もし変だなと思わなかったら、思うようにしてくださいね)

確かに輸入品は現地で購入すると安いです。
ですが、さすがに1/10の価格で買えるのは稀ですし、
その値段だったらむしろ偽造品である可能性の方が高いです。


このようなリスキーな商品を取り扱うことは、
自分で自分の首を絞める行為に繋がりますので絶対にやめましょう

■詐欺サイトとは

eBayで商品仕入れリサーチをして、
その商品が見つからない or 販売価格が高すぎる場合、
他のショッピングサイトでその商品が安く販売されていないかをGoogleで
調べます。

eBayやAmazonなどの利用者が多い販売プラットフォームは、
出品者と管理者が別なので比較的安心して利用できます。


万が一偽造品やコピー品が販売されていれば出品者は管理者によって
アカウントが停止されます。

しかし、Googleで見つかるようなショッピングサイトやオンラインストアには
出品者とは別の第三者の管理者がいませんので、詐欺サイトが非常に乱立して
います。


詐欺サイトとは、
ショッピングサイトで商品を安値で出品しているように見せかけて購入に導き、
その際に個人情報を抜き取るサイトのこと
です。

もちろんいつまで待っていても商品なんて届きませんし、
届いたとしても、全く違う商品や偽造品、コピー品が届く可能性もありますので、
詐欺サイトには注意してくださいね。

■詐欺サイトの見分け方

詐欺サイトかどうかを見分けるポイントについてご説明します。
これらの詐欺サイトには、いくつかの共通点があります。

・サイトの名前やURLがおかしい。

サイトの名前は商品のカテゴリに紐づけされて命名されることが多いです。

日本でも、メガネ屋さんは○○アイウェアとか、楽器屋さんは○○ギターとか
ですよね。


詐欺サイトは意味不明な英字や英単語の羅列、一見なんとなく分かるけれど
よく考えるとなんだか変、という単語が多いです。

例えば、(今私が単語を作ってみますが)lqtlwka.comとか、
horizakflnetr.comとか、こんな感じですね。


何を表しているのか分かりませんよね。


・About usに主催者情報が書かれていない。
または書かれていてもありきたりな文章のみ。


About usは、日本のサイトでいうところの会社概要みたいなものです。


ここにはそのサイトの運営者や出品者の情報、住所、連絡先などが
書かれていることが多いのですが、
About usという項目が無かったり、
あってもありきたりな文章のみが書かれていたりするとちょっと怪しいです。


その他の項目で連絡先があればまだ安心なのですが、
誰が売っているのか分からないと安心できないですよね。


住所が架空の住所

私はまだ見たことはありませんが、聞いたところによると、

運営者情報や返送先に書かれていた住所がアメリカの湖の真ん中だった、
ということもあるようです。


住所が書かれているのを見かけたら、必ずGoogle mapで調べておきましょう。


・連絡先のメールアドレスがGmail

サイトがあるということはドメインを取っているということなのに、
連絡先のメールアドレスがドメインのメールではなく、
無料のGmailだと怪しさ満点ですね。


今はあまり見かけませんが、半年前まではそんなサイトをよく見かけました。

しかもメールアドレスの表記方法が、赤字のフォントで太字になっているという
共通点があり、すぐに詐欺サイトだなと判別がつきました。


・販売価格が安すぎる。


上でも書きましたが、日本で販売されている輸入品は、
現地での販売価格は日本での販売価格よりも安いです。


ですが、現地での販売価格が安すぎるのは明らかにおかしいです。

例えば、日本で定価5万円で販売されているとある商品は、
海外では3万円前後で売られていたりします。


1万円台~2万円前半になっていたら、
怪しみつつも色々と調べてみて大丈夫そうだったら即買い、
怪しい点が見つかったらら買わない、みたいな感じです。

1万円以下で販売されているようなサイトは明らかにおかしいので、
見かけたら即スルーですね。


・サイトの作りが粗すぎる。


例えばTwitterやInstagram、Facebookのアイコンがあるのに
クリックしてもリンクが貼られていなかったり、
サイト内に返品ポリシーやAbout usなどのページが無かったり、
商品画像がブランド公式ページの写真の使いまわしだけだったり、
というように、サイトの作りが粗すぎると怪しさ満点ですね。

 

いかがでしょうか。

ザクっとご説明しましたが思い当たるようなサイトはこれまでに
見かけたことはありますでしょうか。

このような特徴のあるサイトは非常にリスクが高いので、
安いからといって手を出すことが無いように注意してくださいね。

怪しいサイトを見付けたら、Googleでscam checkerなどを検索し、
そのサイトでURLを検査してみてくださいね。
多少は判別がつくと思いますよ。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。