こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、ヤフオク・メルカリに出品するための商品出品画像についてと題して、
出品する際の商品写真の撮影方法や照明の当て方など、商品写真のあれこれに
ついてご説明します。

あなたはヤフオクやメルカリに出品する時、どんな商品写真を使っていますか?

商品写真は購入者が一番に見るポイントですので、綺麗で分かりやすい写真を
使って出品していきましょう

■商品写真は顔と同じ

まず、この写真を見てみましょう。

中古品の工具の盛り合わせですね。

同じような写真ですが、こちらも見てください。

同じく、中古品の工具のまとめセットです。

 

さて、この1枚目の写真と2枚目の写真、
2枚目の方が見やすいですよね。

理由としては以下の3点です。

・全体的に明るい。
(1枚目は倉庫内で撮ったのか暗い)

・画像がはっきりしている。
(1枚目はレンズが曇っているのかボンヤリしている)

・商品が揃えて並べられているので何があるのか見やすい。
(1枚目は工具が重なっていて内容物が分からない)

1枚目と2枚目では、「中古工具」という同じジャンルの商品なのに、
写真の撮り方ひとつで
違って見えてきますよね。

そして、私だったら、この2枚の写真から
「2枚目の出品者の方が写真もきちんと撮影しているし、
落札したらきちんと対応してくれそう」ということまで連想してしまいます。

商品写真は顔写真と同じです

構図や商品並べ方、照明の当て方などによって印象が大きく変わってきますので、
同じ商品を扱っているライバルセラーよりも綺麗で分かりやすい商品写真を
使うようにしましょう。

・初級編:商品写真はメーカーの写真を使用しよう

個人輸入ビジネスを始めた初期の頃は、出品する際に使用する商品写真は
メーカーのホームページに掲載されている商品カタログなどの写真を使用すると
良い
と思います。

というのも、商品写真を撮影するのは慣れていないと結構大変な作業に感じて
しまうからです。
また、どんな商品写真を撮影すれば良いのか悩んでしまったり、構図に迷ったり、
照明の調節をしたり、画像の編集をしたり・・・などと作業をしていると、
時間はあっという間に過ぎて去って行ってしまいます。

個人輸入ビジネスを始めた初期の頃は、そんな時間を過ごしてしまうよりも、
1件でも多くリサーチをして自分の目を養った方が良いと私は思います。

メーカーのホームページには、綺麗な商品写真が掲載されています。
これらを使用して出品した方が早く出品できますし、
自分で撮影するよりも綺麗な写真で出品することが出来ますよ。

初期の頃はとにかくスピード重視でどんどん出品していくべきです。

・中級編:自宅で商品写真を撮影しよう

個人輸入ビジネスを始めてだいぶ慣れてきた頃、あなたは気付くはずです。
あれ・・・出品写真が同じで、どの商品が自分のか分からないや、と。

同じ商品を出品している他の人もメーカーの商品写真を使用しているので、
同じ写真が並んでしまって自分の商品が埋もれてしまう
のです。

 


このような状態ですね。

こうなると、有料の注目のオークション機能を使って上位表示をさせるか、
出品価格を下げて他の出品者と値段で勝負するしか、目立たせる方法が
無くなってしまいます。

そうなる前に商品写真を自分で撮影するなどして1枚目の商品画像を変え、
他の同じ商品よりも目立つようにしましょう。

自分で商品写真を撮影する際には、自宅で撮影するのが手軽な方法です。
小物であれば撮影BOX(Amazonなどで数千円で買えます)などを
利用して撮影すると綺麗な写真が撮れます
よ。

 

 

中くらいのサイズから大きいサイズの商品は、
撮影BOX内で撮影できない場合もあるので、
自宅の壁紙の前で台の上に置いて撮影すると良いと思います。

背景はできるだけ無地(白色か黒色が良いでしょう)にして、
商品が目立つようにしましょう

・上級編:商品写真をプロに撮影してもらおう

自宅内でどうしても撮影できないという方や、
もっと綺麗な写真を商品写真に使用したいという方は、
プロにお願いして商品写真を撮影してもらいましょう

会社員時代に、ホームページやオンラインショップ用に綺麗な商品写真が必要で、
プロに頼んで撮影してもらったことがあるのですが、ものすごく綺麗な商品写真が
出来上がったのを覚えています。

ただ、撮影のお値段がなかなか高かった記憶がありますので、その商品を今後も
ずっと販売するという場合以外は特に必要は無いのではとも思います。

ちなみに、当時撮影を依頼したのはコチラの会社(株式会社アフロ)でした。

■出品する商品の撮影方法

上記の中級編、自宅で商品の写真を撮影する方法についてご説明します。

・使用機材:
使用するカメラはスマホのカメラで大丈夫です。

最近のスマホのカメラは画素数が良いので、わざわざデジカメを買わなくても
スマホのカメラで十分綺麗な商品写真を撮影できます。

・写真の形:
撮影する写真の形は正方形で撮影してください。
スマホのカメラの場合、16:9などの長方形になっていることが多いので、
スクエアに設定してください。

ヤフオクもメルカリも正方形の商品写真をアップすることが推奨されています。
長方形の写真でアップすると写真の上下が切れたり余白になったりしてしまい、
商品が小さく表示されてしまうのです。
折角の商品写真ですから、無駄な余白などが無い状態で見せたいですよね。

・構図:
商品を中央に設置し、周囲に程よい余白があるような構図が良いですね。

この余白が多すぎると商品が小さく映ってしまいますし、余白が少なすぎると
商品がドアップで映るのでちょっと見にくいです。

他の出品者の商品写真の構図を参考にしてみると良いと思います。

・照明の当て方
照明は前面と上面から当てましょう

撮影BOXを使用すると上から照明が当たりますが、前面が暗くなってしまう
場合は前面からの照明も必要ですね。


その場合には、撮影する際にデスクライトなどを使用してスマホの下部に設置
して光を当てると綺麗に撮影できます。

撮影用の照明をAmazonなどで購入しても良いと思います。


・商品写真の枚数:
商品写真は最大掲載可能枚数を掲載しましょう。
商品を色々な角度から撮影し、外箱や中身などの別々の写真も撮影したり、
気になる部分をアップで撮影したりして、商品情報を余すことなく載せましょう。

■商品写真の編集方法

撮影した商品写真は必ず編集を行いましょう

編集といっても簡単な編集で十分で、
明るさを上げたり色味を調整したりといったレベルです。

なお、ここではパソコン上で写真編集をする方法をご説明します。

まず、編集したい画像データの上で右クリックをして
「写真の編集」を選択します。

 

Windowsに標準装備されている「フォト」が開きますので、
上部の「調整」をクリックします。

 

右側の「ライト」「色」「明瞭度」「ふちどり」を調整して、
明るさや色味などを編集してください。

写真撮影の際の照明の具合などで、
商品が色あせて撮影されたり、くすんで撮影されたりすることがあります。

そんな時にこの編集を行うことで、
撮影した商品写真をより実物に近い状態に調整することができますよ。

編集が終わったら右下で保存をします。

これだけです。

もっと専門的な編集がしたい場合は、画像編集ソフトを使用して編集する方法も
ありますがここでは割愛します。

なお、ヤフオクやメルカリに編集した写真をアップロードしたら、出品する前に
必ずスマホで確認をしてください。

明るくしたのに意外と暗いな、と感じることもありますので、そういう時には
再度編集を行ってくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。
商品写真が綺麗な写真だと目を引きますので、閲覧回数も多くなり自然と
落札機会も増えることとなります。
落札される回数を増やすためにも、商品写真は綺麗で見やすい写真を使うように
していきましょう。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。