こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、メルカリの基本的な使い方(出品編)と題して、
メルカリの出品方法について解説します。


前回の記事で、メルカリはアプリとWeb版があり、
Web版は機能が限られているのでアプリを使用しましょう
と書きました。

しかしながら、スマートフォンの小さな画面だと見辛い、やりにくいという方は、
出品作業はWeb版でも出来るのでPCで出品すると良いでしょう。


今回はアプリでの操作方法を記載します。

■メルカリの出品方法

アプリを開いて、TOP画面下部の中央にある「出品」を押します。


次の画面で、下の画像の赤枠部分を押します。

出品する商品の画像をまだ撮影していない場合は「写真を撮る」を、
出品する商品の画像は既に撮影済みの場合は「アルバム」をクリックします。
※右下の赤い「出品」ボタンを押しても出品作業自体は変わりません。


今回は、この商品(飛行機内のイヤホンジャックの変換プラグ)を出品します。


最近はあまり見かけなくなりましたが、
以前は飛行機の座席についているイヤホンジャックの穴が2つのタイプで、
自分のイヤホンが使用できないことがよくありました。
そんな時には、変換用のプラグを使うことで自分のイヤホンで音楽を楽しむことができます。


航空会社が貸してくれる2穴タイプのイヤホンは耳の穴のサイズが合わなくて、
機内の雑音が常に耳に入ってきて音楽がよく聞こえないんですよね・・・。


今回は、商品写真を撮影していなかったので、「写真を撮る」を押しました。

スマホのカメラが起動しますので、商品をカメラの真ん中に配置して、写真撮影を行います。

メルカリは商品写真を10枚まで掲載できますので、
商品を様々な角度から撮影して、できるだけ多く掲載するようにしましょう


このように、商品の前後左右から写真を撮影しておきます。

後々トラブルとなることを避けるためにも、
商品のちょっとした傷や擦れなども余すことなく全て撮影し、
商品説明文にもきちんと記載しておきましょう。




ちなみに商品の背景は木目でも良いのですが、
白や黒などの単色背景の方がより商品を際立たせることができます


上の写真だと、黒い商品が茶色の木目調の背景に埋没してしまっていますが、
下の写真では白を背景に黒い商品が存在感を出せていることが分かりますね。


今回は白背景の写真で出品することにします。

次に、写真赤枠部分に、商品の情報を入力していきます。

「カテゴリ」「商品の状態」は選択式
「商品名」「商品の説明」は記入式です。


「商品名」には、ブランド名や型番などを入力しましょう。
また、その商品に関係するもので、検索にHITするようなキーワードも
入力しておきましょう。


「商品の説明」には、商品の詳しい説明を記載します。
サイズや重さなども記載しておくと良いでしょう。
繰り返しになりますが、購入後のトラブル防止のためにも、
傷や汚れ、擦れなどがある場合にはきちんと説明文に記載しておきましょう


すっごい適当な説明文ですね(汗)


下の方にスクロールし、次の情報を入力します。

「配送料の負担」は、メルカリは出品者負担が多いですね。

「配送の方法」は、確実に届く最安の方法を選択しましょう。
今回のように安い商品は普通郵便で良いと思いますが、
ブランド物など高額な商品は追跡できる発送方法(ヤマトやゆうパックなど)を
選択しましょう。

お届け先や発送元の情報が匿名でやりとりできる
「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などを利用すると、
お互いに安心ですね。


「発送元の地域」は、発送を行う地域を選択します。
たまにここが「未定」となっている出品者がいますが、
いつ頃手元に届くのか目安を知りたいという購入者のためにも、
発送する地域は表示しておきましょう。


「発送までの日数」は、購入されてから発送するまでの日数を選択します。
手元に在庫がありますので「1日~2日で発送」を選択しましょう。

「販売価格」は、最低販売価格が300円以上となっていますので、
300円以上で設定しましょう。


以上の情報を入力したら再度確認し、OKであれば「出品する」を押します。


以上で出品が完了しました。

■メルカリの販売価格設定

メルカリでは、商品のコメント欄から値引き交渉ができます。

個人的な印象ですが、ヤフオクでは出品者と入札者(落札希望者)との間で
落札前にコミュニケーションはあまり無いのですが、
メルカリでは商品のコメント欄で購入希望者からコメントが多く寄せられます。


コメントのほとんどは値引き交渉で、
たまに質問や写真追加依頼などが入ってきます。


ヤフオクはオークション形式なので、始値から競り上がって落札されるのですが、
メルカリは即決値が提示されているのでそこから上がっていくことはありません。

むしろ値引き交渉をされるので、それをOKすると販売価格は下がります。

メルカリで出品する際には、値引き交渉をされることを念頭に置いて
相場よりも少し高めの価格設定をして出品
し、
値引きをしてもきちんと利益が出るような価格で販売する
ようにしましょう。

ちなみに、メルカリでのあまりにも非常識(と感じるよう)な値引き交渉を
されることがありますが、無視するかブロックで良いと思います。
(例えば20,000円の商品を10,000円に値引きしてください、など)

同じ商品が過去に売れた値段とあまりにもかけ離れた値段設定をしない限り
商品は売れていきますので、焦らずにきちんと利益確保をしていきましょう。

■プロフィール欄を編集しましょう

メルカリで商品が売れやすくするためには、プロフィール欄を充実させましょう。

前述しましたが、メルカリは個人間で物品を売買する場なので、
購入する側としては、その商品がきちんとした物なのか、偽物では無いか、
出品者の対応はきちんとしているのかなどについて気にしています。


購入者が安心して購入しやすくするためにも、
プロフィール欄をメルカリに登録したままの状態にしておかず、
きちんと作り込みをしておきましょう。

メルカリに登録した時のままの状態です。

マイページから、「プロフィールを編集」を押します。



まずは、画像を変更しましょう。

ページ上の左側にあるプロフィール画像(または顔マーク)を押します。


スマホのカメラにアクセスされます。
(その際、スマホ側からアクセス許可を求められることがありますので、
OKを押してください。)


画面下中央のカメラのマークは、プロフィール画像に登録する写真を撮影します。
画面下左側の写真のマークは、スマホのアルバムに登録されている写真から、
プロフィール画像に登録する写真を選びます。


今回は、アルバムから選びます。


今回は南方の海の写真を選びました。

メルカリでは、写真は正方形(スクエア)で登録されます。
この写真は縦長なので、切り抜きがされます。
切り抜きしたい部分に合わせて、右上の「完了」を押します。


無事にプロフィール画像が変更されました。

次に、名前と自己紹介文を入力していきます。


自己紹介文には、挨拶、どんな商品を出品していくのか、や、
どんな対応ができるのか、などを記載すると良いと思います。


会社員をしながら副業されている方は、
「平日は働いているため
コメントへの返信が遅れます」などと一言添えると、
コメントをしてくださる方へのメッセージになりますね。


また、どんなことを入力すれば良いのか分からない場合は、
他の出品者のプロフィールを見て参考にしてみると良いでしょう。


メルカリ独自のルール(非公認のものや、慣例など)もあるようですので、
それらについても記載しておくと良いかもしれません。
ただし、最近のメルカリは非公認のローカルルールや慣例などは排除している
傾向にあるようですので、記載しない方が良い場合もあります。


プロフィールは1,000文字も入力でき、内容を濃いものにできますので、
読んでくださる方に向けてしっかりとしたプロフィールを作りましょう


プロフィールを充実させておくと、
購入者は「この出品者は捨てアカウントではない」と判断し、
購入率が上がる傾向にあるように感じています。


内容を確認し、OKであれば、「更新する」を押します。


無事、プロフィールが更新されました。


メルカリに商品をどんどん出品し、売り上げを上げていきましょう!

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。