こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、ヤフオクの基本的な使い方(梱包編)と題して、梱包の方法について
ご説明します。


ヤフオクで落札され入金が確認できたら、発送を行います。
入金してから商品が届くのが遅いというクレームが入らないよう、出来るだけ
迅速に発送を行いましょう。


また、発送する際の梱包は簡易梱包で大丈夫なのですが、簡易すぎると商品が
雨に濡れたりして、落札者からクレームが入ることにもなりかねませんので、
ほどほどに(笑)簡易包装をして発送するようにしましょう。

■落札された後の全体的な流れ

・落札後は、落札者が支払いを終えるまで待ちます。

ヤフオクに出品して無事に落札された後は、基本的には落札者がお届け先の情報を
入力して支払いを完了するまでは、出品者から連絡する必要はありません


落札者のほとんどの方は落札後すぐに支払いを行います。
私もそうですが、落札後はすぐに商品が手元に届いてほしいからです。

しかし、稀に落札後に手続きをすぐにされない方もいます。
Yahoo!かんたん決済の期限は、支払い方法によって異なりますが落札後5日~7日
ですので、落札後すぐに支払いが無い場合でもその期間は待ちましょう。

・支払いが完了したら商品を発送します。

落札者が支払いが完了したら、出品者は商品を発送します。
※トラブル防止のため、支払いが完了するまでは、いかなる理由があろうとも
絶対に商品を発送しないでくださいね。

※クレジットカードで支払いがされた場合には、ヤフオク側のクレジットカード
決済の審査に最低4時間掛かります。

クレジットカード決済の審査が完了し、ステータスが「審査中」から
「受取連絡待ち」になってから、発送するようにしましょう。

・落札者の手元に届いたら受取連絡がされます。

商品が落札者の手元に届いたら、落札者より受取連絡があります。
この受取連絡が無いと、代金は出品者にヤフオク側から入金されません。

稀に受取連絡をしていただけない方がいますが、その場合は落札者に連絡し、
受取連絡をしていただけるよう促してください。

その後も連絡が取れない場合は、落札から2週間が経過するとヤフオク側から自動で
入金されます。
代金が入金しないということはありませんのでご安心くださいね。

・受取連絡がされたら、評価をしましょう。

受取連絡があったら、落札者を評価しましょう。

取引に特に問題が無いようであれば、「非常に良い」を選択し、評価内容を
入力しましょう。

評価を選択した際に自動で入力される定型文の評価内容がありますので、
そのまま送信してもOKです。


落札者からも出品者への評価が貰えますが、評価をしてくれない落札者もいます。
以前、評価をしてくれない落札者に、評価をしてくれるよう促してみたのですが、
返信もありませんでしたし評価も貰えませんでした。
評価をしてくれない人もいるのだなと思ってスルーするのが良いかと思います。

・取引完了後は売上金振込依頼をします。

評価が終わりましたら、取引自体は完了です。
ヤフオク上にある代金(落札手数料・配送料が引かれた金額)を自分の銀行口座へ
振込依頼を行って、銀行口座に代金が着金したらすべてが完了です。

■梱包資材

商品を梱包する時は、基本的には2種類の梱包資材を使用します。
ウレタンマットプチプチです。

 

ウレタンマット
上の写真はロール状になっているのですが、これをカットし使います。
すでにある程度の大きさにカットされているものもありますが、大きさによっては
商品が梱包できない場合もありますので、ロール状になっているものを購入して
商品の大きさに合わせて自分でカットした方が自由度が高いです。


プチプチ1枚では商品が外から透けてしまうため、先にウレタンマットで梱包し
プチプチで更に梱包すれば、商品の外箱の記載内容などが分からなくなるので
かなりオススメです。


なお、このウレタンマットはメーカーによって商品名が変わります。

同じような商品ですが、ウレタンマット、発泡クッションシート、ミラーマット
などの名前があるようです。

 

プチプチ(エアーキャップ)
代表的な梱包資材ですね。
こちらもロールになっているので、必要な大きさにカットして使用します。
さきほどのウレタンマットの上からプチプチで梱包し、発送します。
プチプチしかない場合は、プチプチを2重に梱包して発送しましょう。

この2種類の資材で梱包すれば、ダンボールなどに入れなくてもだいたいの商品は
大丈夫です。

※外装箱の無い精密機械やブランド品など、更にダンボールで梱包した方が良い
商品もありますので、その場合はダンボール箱に入れましょうね。

■梱包方法

梱包といっても難しいものではありませんし、過剰包装をする必要はありません。
落札者の手元に届いた時に見苦しくなく、商品に傷が付かないように配慮されて
いればOK
です。

・ウレタンマットで梱包する。

外箱のある商品であれば、商品が入っている外箱をウレタンマットで梱包します。
外箱がない商品は、商品をそのままウレタンマットで梱包します。

縦置きと横置きでは、どちらが梱包する際に綺麗に完成しそうか、
どちらであれば梱包資材がより少なく済みそうかということをを考えます。
見た目の綺麗さとコストのバランスですね。

横置きで梱包することにします。
※今回は正方形の外観ですが、長方形などの商品の場合には
縦置きと横置きを考えますよ。


次に、どこでウレタンロールをカットすれば良いのかを考えます。

外箱を包んでみてカットする位置を確認し、カットします。

カットする際には、気を抜くと曲がってカットしてしまいやすいので
注意してくださいね。


難しいと思う方は、鉛筆やボールペンなどで定規を使ってウレタンマットに
線を引いておくと、真っすぐにカットしやすいと思いますよ。

カットしたら、外箱を表面を裏にしてウレタンマットの中央に置いて、
梱包を始めます。

セロハンテープで留めます。

端はこのように折り込んで、セロハンテープで留めます。

反対側の端も同じようにします。

・プチプチで梱包する。

同じように、プチプチでも梱包していきます。

プチプチをカットする際には、山と山の間の谷の部分をカットしていくと
まっすぐに切れます。

先ほどのウレタンマットと同じ要領でセロハンテープで仮留めします。

ダンボールに入れずに発送する場合には、
セロハンテープで仮留めしただけでは端の部分が浮いてしまうため、
荷物梱包用の透明テープで本留めを行います。
※布ガムテープや紙ガムテープは見た目があまりよろしくないので使用しません。

端を本留めしたら、プチプチの合わせ目などを梱包用テープで目張りし、
雨などの水分が梱包内部に侵入しないようにします

完成です。

※注意点※
ウレタンマットやプチプチなどは、必ずはさみなどでカットしましょうね。
手で引きちぎったりするのはNGですよ。

たまに海外から到着した商品を検品すると、プチプチを手で引きちぎって包装して
いるのを見かけます。
見た目にも汚いですし、きちんとしていないな、次の商品を購入するのはやめよう
かな、などと感じてしまいますね(苦笑)

・更にダンボールで梱包する場合

精密機械やブランド品など、お値段が高い商品については、ダンボール箱に入れて
発送する場合があります。

基本的に落札金額が高い商品や精密機械の場合には、緩衝材などで包んだ上で
ダンボール箱に入れてしっかりと綺麗に梱包して発送した方が、落札者から良い
評価を得やすいです。

例えば、自分が4万円の商品を落札し、手元に届いた時にプチプチに梱包された
だけだったら、4万円も払ったのにこの梱包か、次は別の出品者から落札しよう
かなと思ってしまいます。

更には、こんな安っぽい梱包で到着したということはそれだけの価値しかない
安い商品なのかなと思ってしまいます。
ということはこの商品は本物じゃないのかな?などの疑念を抱かせてしまう
かも知れません。

出品者としてはできるだけお金を掛けずに発送したいですが、
落札者は支払った代金に見合った梱包で手元に到着して欲しいもの
です。

過剰包装をする必要はありませんが、あまりにも簡易包装にし過ぎると、
余計な心配を抱かせてしまう可能性がありますのでご注意くださいね。

・ダンボールの梱包方法

それではダンボールでの梱包方法について見ていきましょう。

商品を上記の要領でウレタンマットとプチプチで梱包し、更にダンボール箱に
入れます。

写真のように隙間が空いていると、輸送中にダンボールの中で商品が踊って
破損する可能性があるため、隙間に詰め物をします。


※ダンボールはリサイクルダンボールを使用しても良いですが、
何回も使われているようなダンボールで見た目がきれいではない場合は
新品のダンボールを使用するようにしましょう。

隙間に詰める緩衝材のオススメは、エアーピローを隙間に入れることです。
エアーピローは、Amazonなどで買い物をした時に大量に入っていますので、
それを取っておいて発送時に流用します。

もし無い場合には新聞紙やプチプチなどを丸めて詰めましょう。

 

ブランドのダスト袋やショッパーなどの付属品があれば、
ダンボールを開けた時にブランドロゴが見えるように配置します。

蓋を閉めて梱包用の透明テープでダンボールを本留めすれば完成です。
外から雨などが侵入しないように、ダンボールの上下の端も透明テープで
きっちりと梱包します。

なお、商品が薄い場合には、普通のダンボールで梱包発送するのではなく
宅急便コンパクトやゆうパケット、レターパックプラスなどで発送すると
配送料を安く抑えられますよ。


使用条件や使用方法などはまた別に書きたいと思います。


いかがでしたでしょうか。

ヤフオクで出品した当初は、発送する際にどのレベルまで梱包すれば良い
のか迷うかもしれませんが、上記を参考にしていただければと思います。

私はこれまで上記の内容で梱包して発送してきましたが、
落札者から発送の不備について指摘を受けたことはありませんし、
クレームが入ったこともありません。


ポイントは、

・迅速発送する
・できるだけ簡易梱包でお金を掛けずに送る
・落札金額によっては厳重に梱包して発送することも必要
・しかし過剰包装は不要


ですね。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。