こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、個人輸入ビジネスで使用する銀行口座についてご説明します。

個人輸入ビジネスでは、売上金の入金のためにご自身の銀行口座が
必要となります。


ビジネスの入金とプライベートの入金(給与など)を1つの口座で行うと
分かりにくくなってしまいますので、別の口座を用意しておきましょう。

■個人輸入ビジネスではどの銀行口座を使用すれば良いのか

個人輸入ビジネスでは、ヤフオクやメルカリでの売上金の入金のために
銀行口座が必要となります。


銀行口座といっても色々な銀行があるので迷ってしまいますよね。

メガバンク、地銀、信用金庫、ネットバンク・・・。
どの銀行口座を用意すれば良いでしょうか。


私がオススメしているのは、以下の2つの銀行口座です。

・メガバンクの銀行口座(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行など)

ジャパンネット銀行 PayPay銀行(2021年4月5日に名称変更されました)


メガバンクをおススメするのは、支店やATMの数が多いというメリットがある
ためです。
また、手数料が掛かりますがコンビニなどでも出金ができますので、大都市に
住んでいなくても利用することができます。


インターネットバンキングが無料で利用できる点も嬉しいですね。
(月間利用料が掛かる銀行もあります。)


なお、以下の3銀行は実店舗に口座開設をしに行かなくても、インターネット
から口座開設をすることもできますよ。


・三菱東京UFJ銀行(インターネット口座開設)
・三井住友銀行(インターネット口座開設)
・みずほ銀行(インターネット口座開設)



PayPay銀行(2021年4月5日にジャパンネット銀行から名称変更されました)は、
ヤフオクの売上金の入金の際に手数料が無料になりますので、ヤフオクの売上金
の入金先として持っておきましょう。

PayPay銀行以外の銀行口座宛にヤフオクの売上金を入金しようとすると、入金
1回あたり100円の振込手数料が掛かり、売上金からマイナスされてしまいます。

PayPay銀行は、ネット専業銀行で実店舗が無いので、インターネットからの
口座開設のみとなります。


・PayPay銀行(インターネット口座開設)

■プライベート用の銀行口座とは分けましょう

個人輸入ビジネスで使用する銀行口座は、
プライベート用の銀行口座(普段使用している銀行口座)とは分けましょう。

(もう既に個人輸入ビジネスを始めている方で、プライベート用の銀行口座を
ビジネスにも使用している方は、今後分けていくようにしましょう。)


理由はいくつかありますが、一番大事な理由としては
一つの口座を使用していると、生活費とビジネスのお金がごっちゃになって
しまうから」
です。

プライベートの入出金がある口座を個人輸入ビジネスでも使用していると、
売上金が入金されたのに、同じ口座で給与が入金されたり家賃や光熱費が
引き落とされたりしてしまい、結局利益はいくらなのか、というのが
分かりにくくなってしまうのです。

ビジネスでのお金に生活費の入出金が混じってしまうことで、
お金の流れが見えにくくなってしまうんですね。

実はこれ、私も経験があって、確定申告の際にお金の流れを整理するのに
とっても苦労しました・・・。
(税理士の先生にもげんなりした顔をされました・・・。)

ですので、ビジネスとプライベートは別、にしましょう。


また、銀行口座を分けるのと同時に、
可能であれば、仕入れに使用するクレジットカードも
プライベートで使用しているクレジットカードとは分けましょう

理由は銀行口座の時と同じですね。

そしてさらに、仕入れに使用するクレジットカードの支払口座は、
ビジネスで使用する銀行口座にするようにしましょう。

このようにお金の流れをプライベートとビジネスを分けることで、
1年の締めの時に整理がしやすいですし分かりやすくなりますよ。

ビジネスを続けるためのモチベーションを維持する、という意味でも、
自分で得た利益は分かりやすくしておくことが重要です。

■個人輸入ビジネスの記録をし、収支表を付けましょう

自分で得た利益を分かりやすくするためには、
月毎に自分でビジネスの収支表をエクセルなどで記録していくことも重要です。


仕入れをした段階でエクセルに記入していき、
いつ到着する見込みなのか、
見込み売上がいくらで見込み利益がいくらなのか、ということを記載しておくと、
出品の際の値付けをする段階で、利益がどれくらい得られそうなのかという目安
になりますよね。

この目安をきちんと把握しておかないと間違った値付けをしてしまい、
落札された後に利益計算をしてみたら実は赤字でした・・・なんてことも
起こり得ます。

当たり前ですが、せっかく売るからには利益を得たいですよね。
ですので、ここはしっかりと事前に把握しておきましょう。

また、仕入れをいつして実際に到着したのはいつだったのか、
という記録を付けていくと、到着までの日数が分かるので、
次回の仕入れタイミングをいつにすれば良いのかということが分かりますよね。

売上はいくらで実際の利益はいくらだったのか
という記録を付けていけば、実際の利益額から逆算すれば
月に○○万円稼ぐためにはいくつ売れば良いのかということが分かります。

さらに、
月初に仕入れた商品は円安基調だったため利益があまり取れなかったが、
月末に仕入れた同じ商品は円高基調だったためにちょっと利益が増えた
ということが、月末の振り返りの時に分かることがあります。


また、仕入れに使用したこのクレジットカードは円換算レートが高いから
次回の仕入れには換算レートが安いクレジットカードを使用しよう、などの
気付きを得ることもできます。

このように、きちんと記録を行いながら収支を管理していけば、
本当に色々な気付きを得ることができますよ

気付きを得られれば、今後の改善点を炙り出して一つ一つ改善し、
利益アップに
繋げていくことができます。

数字が苦手だから管理するのが面倒くさい、
今月の利益は大体これくらいだろう、という丼勘定でやっていては、
ビジネスは続きません。

数字が苦手でも毎回毎回コツコツと記録を付けていき、
毎月きちんと収支を計算していけば、
数字に対する苦手意識は少しずつ解消されていきますよ


自分で主体的に行っているビジネスなのですから、
数字の管理をきちんと行って、自分のビジネスがどのような状態に
あるのかを自分で把握できるようにしていきましょう。

※月毎の収支表については、こちらの記事で解説しています。

 

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。