こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、正規輸入品と並行輸入品の違いについてご説明します。

普段、並行輸入品という言葉を見たり聞いたりしたことがあると思います。

輸入品には正規輸入品と並行輸入品があります。
どちらもきちんとした正規品なのですが、輸入ルートによって呼び方が異なる
のです。

■輸入品の種類ー正規輸入品・並行輸入品ー

海外から日本に輸入した商品には正規輸入品、並行輸入品があります。
一般的にそれぞれどのように違うのか、ご説明します。

【正規輸入品】
正規輸入品とは、海外メーカーと契約をした正規輸入代理店や海外メーカーの国内
直営店が日本に輸入した商品
のことです。

輸入代理店や直営店がそのまま販売する場合や、輸入代理店から購入した小売店が
販売する場合があります。


【並行輸入品】
並行輸入品とは、海外メーカーと契約をしていない第三者(会社や個人)が日本に
輸入した商品
のことです。

海外の直営店や海外の正規代理店、免税店や小売店などから購入し、日本に輸入し
販売されています。

並行輸入品は偽物か、というお問い合わせをいただくことがありますが、
並行輸入品は上記のように販売ルートが違うだけで、並行輸入品だからと言って
全てが偽物というわけではありません

(中には偽物もありますので、注意が必要です)

■正規輸入品と並行輸入品のメリット・デメリット

次に、それぞれの輸入品のメリットとデメリットについてご説明します。

正規輸入品のメリット

メーカーの保証やサポート、壊れた際の修理を国内で受けることができます
・製品パッケージや説明書が日本語で表記されています。
・製品の仕様が日本で使える仕様になっています。
(例:電圧が日本仕様になっている)

正規輸入品のデメリット

正規輸入代理店の設定している価格でしか買えません
 ブランド品だとブランドイメージを守るため、高い値段設定になっています。
日本未発売商品は購入できません
 メーカーやブランドが日本向けに出荷している商品しか購入できません。
 海外で販売されていても日本向けではないモデルは購入できません。

並行輸入品のメリット

販売代理店を通さずに購入しているため、安い価格で購入できます
 中間マージンが正規輸入品に比べて少ないため、安く購入できます。
現地で販売されている日本未発売の商品を購入することができます
 海外モデルなど、日本では販売されていない希少性のある商品を購入する
 ことができます。

並行輸入品のデメリット

基本的には、メーカーの保証やサポート、修理を受けることができません。
(メーカーによっては、通常の修理価格よりも割高の料金を払えば修理を受け
 付けてくれるメーカー
もあります)
・製品パッケージや説明書が日本語表記ではない場合があります。
・製品仕様が海外仕様のままになっています。
(例:電圧が販売国仕様のままになっている)

■ちなみに、逆輸入品とは・・・

最後に、逆輸入品についてご説明します。
正規輸入品、並行輸入品の他に、逆輸入品と呼ばれる商品があります。

逆輸入品とは

国内のメーカーが海外で現地向けに生産・販売した商品を、日本に輸入した商品の
こと
です。

また、国内で生産し海外に輸出され、再度日本に輸入した商品のことも逆輸入品と
呼びます。


メリットとしては、国内メーカーの商品で海外向けにしか販売されていない希少性
のあるモデル
を購入できることです。

デメリットとしては、メーカーの保証が受けられない場合もあることです。
海外保証書が付いている商品については国内でメーカーの保証やサポートを
受けられますが、そうではない場合は受けられない可能性があります。
(メーカーによって対応が異なるため、確認が必要です)

■まとめ

個人輸入ビジネスで扱う商品は、並行輸入品・逆輸入品となります。
個人輸入日ビジネスでは、海外のオンラインストアなどから購入して日本国内で
販売をする
ので、上記の輸入品の種類で挙げた並行輸入にあたります。


繰り返しになりますが、正規輸入品と並行輸入品は販売ルートが異なるだけで、
どちらも正規品
です。


それぞれのメリットとデメリットは色々ありますが、
重要なのは、購入する方がどのポイントを重視して購入するのかだと思います。


数十年前よりも情報が発達している現代社会ですから、画一的に正規販売代理店
が設定した価格で購入するのではなく、様々な情報を見比べて自分が重視する
ポイントに沿って購入する
のが良いと思います。


なお、前述しましたが大事なことなので再度お伝えします。


並行輸入品には偽物・コピー品が混じる可能性があります

仕入れを行う際に必ず先方に本物であるか否かの確認を行い、
さらに商品を受け取った際にも必ず検品を行いましょう。

特に有名ブランドのアパレルや小物類、腕時計などの貴金属品は要注意です。

少しでも怪しいと感じたら購入しない、
見分け方が分からない場合は取り扱わない、
もし購入してしまったら返品するなどを行い、
偽物・コピー品を流通させないようにしましょう。

偽物・コピー品を販売すると法律違反で逮捕されますので、
偽物は取り扱わないようにかなり注意するようにしてください。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。