こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、PayPalアカウントの作り方についてご説明します。

個人輸入ビジネスでは、eBayなどで仕入れを行って決済をする際に、
PayPal(ペイパル)を経由してクレジットカードで決済を行います。


Paypalは購入側は無料(販売側は10%の手数料が取られます)で使え、
PayPalを経由することでPayPalの買い手保護制度の補償を受けられますので、
安心して仕入れを行うことが出来ますよ。

■PayPalとは

PayPalは、世界最大のオンライン決済サービスです。

日本国内の通販ではあまり見る機会はありませんが、海外では良く利用されて
いるサービスです。

使い方は簡単で、商品を購入しクレジットカードで支払う際にPayPalを介して
支払いを行うだけです。


PayPalを利用することで、海外のオンラインショップで支払いを行う際に
直接クレジットカード情報などを入力する必要が無いため、
個人情報などが流出したり抜き取られたりする恐れがありません。


また、PayPalを介して商品の購入を行うことでPayPalの買い手保護制度を
利用できますので、商品の購入の際に万が一トラブル(商品が届かない、
商品説明と商品が著しく異なる、など)が起きた場合には、
PayPalがトラブル解決を行ってくれます。


個人輸入ビジネスでは、無料で使えるPayPalでの支払いが基本且つ必須
なりますので、必ずPayPalに登録してアカウントの開設を行いましょう。

■PayPalアカウントの開設方法

まず、PayPalにアクセスします。

PayPal

「新規登録」をクリックします。
(上記写真のどちらの箇所でもOKです)

パーソナル(個人)アカウントにチェックが入っていることを確認し、
「新規登録に進む」をクリックします。

メールアドレス、姓、名、パスワード、確認のために再度パスワードを入力し、
「次へ」をクリックします。

住所と電話番号を入力していきます。
ここの住所は英語表記で入力しましょう。
日本語で入力しても、後で英語で編集できます。

ワンタッチの設定はどちらでも構いませんが、私は仕入れの際に一回一回
パスワード入力をするのが面倒なため、ONにしています。


その下の規約等に同意するのチェックボックスをONにして、
「同意してアカウントを開設」をクリックします。

次の画面では、「カード・銀行口座を登録する」をクリックします。

「クレジットカード・デビットカードを登録」をクリックします。

クレジットカードの情報を入力し、「カードの登録」をクリックします。

これで、PayPalのアカウントが開設され、クレジットカードの情報が設定
されました。

■住所を英語表記に編集する方法

住所を英語表記に編集する方法を解説します。

海外のオンラインショップの中には、PayPalの住所をそのまま発送ラベルに印刷
するところもあります。

PayPalの住所が日本語表記のままだと発送できない場合もありますので、
英語表記にしておきましょう。

PayPalの画面の右上にある歯車マークをクリックします。

アカウントオプションの欄にある言語をEnglishに変更します。

ただ変更しただけでは英語表記にならないので、一度ログアウトをし、
再度ログインします。

再度ログインし、表示が英語になっていることを確認します。

画面右上のAddressesの欄にある「Manage all addresses」をクリックします。

登録してある住所が表示されますので、英語表記したい住所の下にある
「Update」をクリックします。

住所を入力する項目が出てきますので、英語で住所を入力していきます。

一番上の「Postal code」は郵便番号です。

次の「Prefecture」は都道府県ですので、右の下矢印をクリックして
自分の住所の都道府県を選択してください。


次の「City / Ward / Town / Village」は、市区町村名です。

次の「Street name , street number」は町名番地等です。

最後の「Building name, floor, room number」はマンション名、部屋番号です。


住所例):
〒100-0001 東京都千代田区千代田町1-1-1
千代田マンション201
このような住所の場合、上から順に以下のように入力します。

100-0001
Tokyo(←を選択)
Chiyoda-ku
1-1-1, Chiyodamachi
Chiyoda-mansion201

入力が完了したら、「Change Address」をクリックします。

完了した旨の通知が表示されますので、「Done」をクリックします。

これで住所を英語表記にすることができました。

なお、言語を再度日本語に設定し直してログアウトし、もう一度ログイン
してください。


サイトの表示が日本語になり、住所の欄が英語表記になっていることを
確認してください。

・PayPalのアカウント画像を変更する方法

以前の記事でeBayアカウントの画像を任意の写真に変更する方法をご説明
しました。

同じように、PayPalのアカウント画像も任意の写真に変更します。
自分のIDを少しでも目立たせて、セラーに覚えてもらいやすくするために、
目を引く写真を登録しましょう。


使用する写真はeBayで使用したものと同じ写真が良いと思います。

写真マークをクリックします。

「写真を追加」をクリックし、自分のPCにある画像をアップロードします。

アップロードされた写真がOKであれば、「この写真を使う」をクリックします。

PayPalのTOP画面で、アカウントの画像が変更されたことを確認します。



これで、PayPalのアカウントが開設され、住所および写真を設定することが
できました。


なお、eBayでPayPalを支払い方法として使用するためには、
eBayアカウントとPayPalアカウントの紐づけ
PayPalのクレジットカード確認手続きを行う必要があります。

これらについては別途ご説明しますので、併せてご確認ください。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。