こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、eBayでMay not ship to Japanの解決方法と題して、eBayで仕入れ
リサーチをした際に日本には
送れない商品を見つけた場合の解決方法を
ご説明します。

簡単に言うと、May not ship to Japanは「日本には恐らく発送できない」
という意味です。

多くの人はこのMay not ship to Japanを見ただけで、
「あ、この商品は日本に発送しないんだな」と思って、その時点で仕入れを
諦めてしまいます。

でも、そういう商品に限ってかなりの安値で出品されていることもあります。

と、いうことは。

何らかの手段で日本に持ってこれれば、利益が生まれる商品かもしれません。

では、どうすれば良いのでしょうか。

■May not ship to Japanとは

eBayで仕入れリサーチをしていると、配送方法のところにMay not ship to Japan
という文言をよく見かけます。

 


これはeBayのセラーが、配送可能国として日本を選択していないため、
「日本には恐らく発送できない」と表示されている状態です。

これは、「恐らく~しない」なので、もしかしたらできるかもしれないという
可能性も秘めています。

そして、そういう商品に限ってヤフオクの需給バランスがとても良い商品で、
販売価格と仕入れ価格の差額も結構良い金額なので、
これを仕入れられて販売できたらめっちゃ利益が生まれるなぁ!っていう
商品だったりします(苦笑)

ですので、「日本には恐らく発送できない」という文言だけを読んで、
この商品を簡単に諦めてしまうのは非常にもったいないんです!

 

ではどうしたらよいでしょうか。

まずは、念のため、その商品のShipping情報を確認してみます。


この商品は、EUには発送すると記載がありますね。

ついでにChange countryの項目を見てみましょう。


ふむふむ。
見てみたけれど、Japanは無いですね。

ということは、やはり日本には送らないという設定になっていますね。

普通であればこのセラーは日本に送らないと設定してあるので、
諦めて日本に送ってくれる他のセラーを探そう、となりますよね

でもちょっと待ってください!
諦めるのはまだ早いんです。

■まずはセラーに問い合わせをしてみよう

まずは、念のため、そのセラーに問い合わせをしてみましょう。
もしかしたら別料金で手配してくれるかもしれませんし、
eBay以外の自分の販売サイトを教えてくれるかもしれません。
そこではもっと安値で仕入れられるかもしれません。

何事も、すぐに諦めるのではなく、ひと手間かけてでも色んな可能性を探って
いきましょう。

特に個人輸入ビジネスを始めたばかりの時には、色んな可能性を探りながら
自分の見識を深めていくことが必須ですよ。

さて、それでは、このセラーに問い合わせをしてみましょう。

eBayセラーと連絡を取る方法でご説明しましたが、
改めてこちらでも簡単にご説明します。

まず、セラー名の下のContact sellerをクリックします。


次に、Otherをクリックし、Contact the sellerボタンをクリックします。


今回はこんな文章を入力して送ってみました。


《英文:》

Hello!!
I’m ○○(名前),a Japanese buyer live in Japan.
I’m interested in this item.

Can you sship it to Japan?
If it is possible, please let me know how much the shipping cost to Japan.

Thank you.


《和訳(意訳):》

やぁ!
日本に住んでいる○○という日本人バイヤーだよ。
この商品に興味があるんだ。

これ日本に発送できるかい?
もしそれが可能なら、日本までの送料を教えて欲しいな。

よろしく!

 

こんな感じの英語で大丈夫です。
文法的に間違っていても、試験じゃないので意味が通ればOKです。


しばらくすると、セラーから返事がありました。



《意訳:》

ごめんね、日本には送らないよ。

 

なるほどなるほど、やっぱりそうなんですね。

一応返事をしておきましょう。


《意訳:》

返信ありがとう。
OK,分かったよ。

さて、じゃあ、他のセラーを探しましょうか・・・。


もうちょっと待ってください!!!

もう1個の手があります!

■転送業者を使おう

セラーに日本に送れるか問い合わせをしてみましたが、
あえなく断られてしまいました。

こんな時には、転送業者を使いましょう。

転送業者とは現地から日本へ発送をしてくれる業者のことで、
日本に発送していないセラーやショップの場合、転送業者を介すことで
商品を日本に送ることができます。

いくらセラーやショップが「日本には送らないよ!」と言っても、転送業者を
使用すれば結果的に日本に届けることができるのです。

今回の日本には送らないと言っているイギリスのセラーの場合には、
一旦イギリスの転送業者に送ってもらい、転送業者から自分の手元に送るように
手配すれば、無事に入手することができます。

もちろん転送業者からの送料は別途掛かりますので、その分の経費は利益から減り
ますが、他のセラーから購入する場合の仕入れ金額と比較した上で転送業者を使用
した方が安いのであれば、ここは転送業者を使っていきましょう。

 

ちなみに、これはeBayのセラーに限ったことではありません

例えば某海外ブランドの販売代理店が日本にある場合、本国のオンラインショップ
には「本国の国内しか発送しません」と書かれている場合があります。

海外のお客さんがウチの商品を買いたいなら、自分の国にある販売代理店から
買ってね、
というわけです。
ひどい時には、本国のオンラインショップにアクセスしただけで、自分の国の
販売代理店のオンラインショップに飛ばされてしまったりもします。

もし何らかの方法で本国のオンラインショップにアクセスできたとしても、
オンラインショップの注文時に配送先が国外であることを検知すると注文不可と
なってしまうこともあります。

ですが、この場合でも配送先にその国の転送業者の住所を指定すれば日本に送る
こと
ができるのです。
(※何回もやる場合はさらにひと手間必要ですが)

このように一見すると日本には送れないような場合でも、セラーに聞いてみたり、
転送業者を使うなどをすることで意外と上手く行くことがありますので、
すぐに諦めてしまうのではなくその商品をそこから入手するために色々と試行錯誤
をしてみましょうね

そうすることで、同じように個人輸入ビジネスを行っている人よりも一歩先を行く
ことができたり、他の人が行っていないことができたり、誰も取り扱っていない
商品を取り扱うことができたりする可能性がありますので、
ピンチはチャンスと捉え、試行錯誤を繰り返していきましょう

転送業者についてはコチラの記事をお読みください!

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。