こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、商品リサーチが上手く行かない人へ、と題して、
商品リサーチで上手くいかない人に向けて商品リサーチのご説明をします。

個人輸入ビジネスでは、まずヤフオクで輸入品のリサーチを行い、
そこで見つけた輸入品を今度はオークファンで
需要と供給のバランスのリサーチをします。

この一連のリサーチを商品リサーチと呼んでいます。

私もそうでしたが、
商品リサーチで輸入品が上手く見つからなくて
作業が止まってしまうことが結構多い
ので、
商品リサーチが上手く行かず悩んでいる方は、
是非今回の記事を読んでみてください。

■商品リサーチの流れ

まず、商品リサーチの流れを今一度簡単にご説明します。
※詳細な作業手順については、以前ご説明した2つの記事をご確認ください。

①ヤフオクで輸入品を検索する。
(キーワード・カテゴリ・個人出品・新品で絞る)


②出てきた検索結果を1つ1つ見ていき、
ノーブランド品(中国輸入)は除外する。


③欧米メーカーの輸入品を見つけたら、
オークファンで需要供給バランスを見る。


④需要供給バランスが条件に合う商品であれば、
エクセルやスプレッドシートに保存し、
仕入れリサーチに回す。

この4段階です。
商品リサーチ自体はマーカーを付けた3段階ですね。

上記の内容はそんなに難しい内容ではないのですが、
なぜか該当する商品が見つからないことが
多いのです。

■商品リサーチで該当する商品が見つからない原因

では、なぜ見つからないのでしょうか。
原因はいくつか考えられます。

①キーワードが間違っている
検索するキーワードが間違っている可能性があります。

キーワードの例としては、

輸入品
並行輸入品
海外限定品
日本未発売品
逆輸入品

などが挙げられます。

これらのキーワードで検索をしてみてくださいね。

②カテゴリを絞り過ぎている
ヤフオクの条件検索で一度カテゴリを決めますが、
検索結果が多すぎる場合、画面左側のカテゴリで再度絞り込みを行います。

この際に、絞り込み過ぎてしまうと検索結果が少なくなり商品が見つからない
ということがあります。


カテゴリの絞り込みはほどほどにして、あくまで目視で検索をするように
してください。

③独自のリサーチ方法になってしまっている
教わったリサーチ方法ではなく、いつの間にか自分で編み出したリサーチ方法
になってしまっていませんか。


例えば、オークファンで輸入品などのキーワードで検索していませんか。


また、ヤフオクで価格で絞ったりしていませんか。

間違った方法でリサーチをしていても検索にはHITしませんし、
HITしたとしても検索結果は少なくなってしまいますよ。

基本に忠実に、教わった通りにリサーチを行ってくださいね。

■リサーチが上手くなる秘訣

リサーチが上手くなる秘訣はなんですか、と聞かれることがありますが、
商品リサーチで簡単に商品を見つけるようになるためには、
リサーチを繰り返し行って、自分の目を養うことが一番の近道となります。


リサーチを繰り返し行うことでリサーチの習熟度が上がっていきます。


習熟度が上がると、商品写真や商品説明文をサクッと見ただけで、

自分が探している商品かどうかの判断が付くようになります。

これを繰り返していくと、様々なカテゴリで条件に合う商品が
見つかるようになっていきますよ。


リサーチ作業は量をこなしていくことが、
商品を見つけやすくなる最大の秘訣
です。


リサーチ作業は地道にコツコツを積み上げていく作業です。


近道はありませんので、ここは我慢して地道にコツコツと積み上げ、

経験値を上げ、自分の目を養っていきましょう。

どうしても見つからないという時には、
メンターがいる方はメンターにリサーチの風景を見せてもらったり、
自分のリサーチ方法を見てもらいましょう。

他の人(しかも先駆者)のリサーチしている風景って、
かなり勉強になりますし、自分の気付きになりますよ!

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。