こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、ラクマの基本的な使い方①と題して、ラクマの概要やラクマアカウントの
登録方法などについてご説明します。

フリマアプリはいくつかあり、私は主にメルカリを利用していますが、
販路拡大という意味合いでラクマも利用しています。

ラクマは利用者数が少ないとかあまり売れないなどという声もよく聞きますが、
それでも1個でも2個でも売れればその分の利益を上積みできますよね。

少しでも利益は利益です。

特に個人輸入ビジネスを開始したばかりの時は、
少しの利益でも取りこぼさずに積み重ねていくことが重要になっていきますよ。

■ラクマとは

ラクマとは楽天株式会社が提供するフリマアプリサービスで、
2014年にサービスが開始されました。

2016年に日本初のフリマアプリであったフリルを楽天が買収し、
2018年にラクマと統合され、現在のラクマとなりました。

ラクマは、2019年4月時点のPCとスマートフォンの重複を除いた
「トータルデジタル」で利用者数は1,115万人(ニールセン デジタルによる)と
なっています。

同じフリマアプリサービスのメルカリは2,216万人となっていますので、
約半分くらいの利用者数ですね。

メルカリとの最大の相違点は販売手数料が安いということです
メルカリは販売価格の10%が販売手数料となりますが、ラクマの販売手数料は
3.5%(正確には3.5%×消費税が10%となるので3.5×1.1=3.85%)です。

ラクマは2021年1月13日より販売手数料を3.5%から6.0%に改定しましたので、
消費税分を加味すると6.6%となります

例えば20,000円の商品が売れたとして、メルカリだと2,000円の販売手数料を
引かれてしまいますが、ラクマだと770円の販売手数料となります。

この販売手数料の1,230円の差は大きいですよね!

ラクマは利用者数が少ないのでメインの販売先とはならないかもしれませんが、
販売手数料が安いので登録して出品だけしておき、売れたらラッキーくらいの
サブの販売先としての位置付けでも良いと思いますよ。

■ラクマアカウントの登録方法

それでは、ラクマの登録方法についてご説明します。

まず、ラクマアプリを開きます。
楽天会員になる必要がありますので新規登録を行います。

既に楽天会員である場合はそのアカウントを利用しても良いですが、
ここでは新規で登録する方法で説明します。

 

赤枠部分(メールアドレス・パスワード・名前(漢字)・名前(フリガナ))を
入力し、間違いが無いことを確認して「同意して次へ」を押します。

 

続いて、赤枠部分(ラクマの売買で表示されるニックネーム・生年月日・チェック
ボックス)を入力し、「次へ」を押します。

メールアドレスは先ほど入力したメールアドレスが予め入力されています。

性別は選択しなくても構いません。

 

内容を確認しOKを押します。

 

SMSによる認証が行われますので自分の携帯番号を入力し、
「SMSに認証番号を送信」を押します。

 

SMSで届いた認証番号を入力し、「登録する」を押します。

 

登録したメールアドレスにもラクマの登録完了メールが届いていますので確認し、
メールアドレスの確認手続きを完了するため、赤枠部分をクリックしておきます。

メールアドレスの確認が完了しました。

 

アプリの方を見ると、アプリの通知許可設定が表示されていますので、
許可を押しておきます。

これでラクマの登録が完了しました。

 

続きは次回の記事でご説明しますね。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。