こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、eBayセラーに値引き交渉をする方法、と題して、値引き交渉をする手順
についてご説明します。



海外で商品を購入する際(高級店舗を除く)には値引き交渉が当たり前です。

以前、ヨーロッパや南米に出張した際に、地元の方が日用品を購入する際に値引き
交渉をしているのを見かけたことがありました。

それまで私はあまり値引き交渉をしたことが無かったため、
アテンドしてくれた方に「普段の買い物でも値引き交渉は当たり前なのか」と質問
してみたところ、「定価で購入するなんてありえない」と答えられ、

海外では買い物をする時は必ず値引き交渉をするのが鉄則なんだなと感じたことを
今でも覚えています。


eBayセラーも値引き交渉をされるのは慣れていますし、
値引き交渉が成功すれば、その分の利益を多く得ることができますので、
こちらもどんどん値引き交渉をしていきましょう。

■eBayセラーに値引き交渉をする方法①

値引き交渉の方法は2つあります

1つ目は「Make Offer」を使用する方法です。

上記の画像のように、購入ボタンの下に「Make Offer」ボタンがある場合、
値引き交渉を受け入れますという意思表示になります。


この「Make Offer」ボタンを表示しているセラーと表示していないセラーが
いますが、表示しているセラーは値引き交渉歓迎のサインなので、臆せずに
値引き交渉をしていきましょう。

ちなみに、上の図の通貨単位にあるGBPとは、
英国ポンド(スターリング・ポンドと言うらしい)です。

現在の為替相場は、1GBP=135円前後なので、110GBPは14,850円くらいですね。

これを値引き交渉していきます。

110GBP(14,850円)を93.5GBP(12,620円程度)にしてほしい旨のオファーを
出します。


「Make Offer」を使用した値引き交渉は、
平均して10~15%引きで成功することが多い
ようです。


もちろん、セラーによっては20%引きのオファーでOKしてくれるセラーもいます
し、5%引きのオファーでようやくOKするセラーもいますので、
平均すると
10~15%引きというところでしょうか。


今回は、15%引きでオファーを出してみました。
金額を確認し、OKであれば、「Review offer」ボタンをクリックします。

確認画面が出てきますので、オファー金額を確認し、
「Submit offer」ボタンをクリックします。

相手にこちらのオファーが送られました。
2日以内に返信が来るようなので、相手の返信を待ちます。


5分もしないうちに、相手からの返信が来ました。
(今回の相手は、すぐに返信をくれるセラーみたいですね)

先方のセラーから、カウンターオファーが来ました。
カウンターオファーとは、こちらの値引き交渉の金額までは値引きできませんが
この金額ではどうでしょうか、という先方からの逆オファーです。


このように値引き交渉をすれば、値引きをしてくれるセラーが多くいますので、
値引き交渉は必ずするように習慣づけましょう


金額を確認すると110GBPの商品を100GBPに値引きしますよという内容です。

9%の値引きですね。

ここでOKする場合には、「Accept offer」ボタンをクリックします。

今回は、ここでOKしてしまっても良いのですが・・・。
どうせなら10%の値引きにしたいですよね。

9%と10%では1%の違いしかありませんが、桁が違うというだけでも心情的に
かなりの達成感を得られます


それでは再度オファーを出すことにします。
「Make counteroffer」をクリックします。

110GBPの10%引きは99GBPですね。

金額を入力し、先ほどと同じく「Review offer」ボタンをクリックします。

金額を確認し、OKであれば「Submit offer」ボタンをクリックします。

これで再度オファーをしました。

相手からの返信が来るのを待ちます。


相手がこちらの再オファーをOKし、定価から10%の値引き交渉が成功しました!


これで定価で購入した場合に比べて、1,350円の利益を増やすことができました。

今回の金額は小さいですが、
個数が売れる商品であれば金額も大きくなっていきます。

具体的には、1,350円の利益でも1か月に20個30個と売れていく商品であれば、
3万円~4万円の利益になります。


ほんの少しの手間を掛けるだけで利益額が大きく違ってきますので、

値引き交渉は利益アップのためにはとても重要な要素ですよ。

さて、こちらからのオファーにOKの連絡が来たら、
「Pay now」ボタンをクリックします。

金額を確認し、OKであれば「Confirm and pay」ボタンをクリックし、
支払いを完了させます。


これでMake Offerを使用した値引き交渉が成功し、商品を仕入れることが
できました。


なお、支払いが完了したら、相手のセラーに一言でも良いので値引きしてくれた
ことへのお礼を伝えておきましょう。

こんな感じで簡単にお礼のメッセージを送っておきます。

セラーも人間ですから、こんなメッセージが海外のバイヤーから来たら
嬉しいですよね。


ちなみにこのセラーとは、その後こんな感じで少し会話をすることが
できました。

(画像内の下の方の文章から順番に読んでください。)

内容的には、値引きありがとうと伝えたら、
相手からも買ってくれてありがとうと返信が来ました。

そして、どうやら、セラーのお母さんとお兄さん(かな?)が、
去年の10月に京都や東京などを観光で巡って、
日本を気に入ってくれたようです。



こんな何気ない一言のお礼のメッセージから、
日常会話的なメッセージのやりとりに発展することもあります。

会話を重ねていけばセラーと仲良くなることもできます。 


仲良くなったセラーと何回も取引を重ねていくと、

更なる割引をしてくれたり、
eBayでは出品していない商品を紹介してくれたり
もしますので、

輸入ビジネスが成長するチャンスを広げていくことができますよ。

■eBayセラーに値引き交渉をする方法②

では次に、「Make Offer」ボタンが無いセラーに値引き交渉をする方法
解説します。

このような商品は、「Make Offer」ボタンが無いので、一見すると値引き交渉を
することができないように見えるかもしれません。


このような場合には、直接、相手に値引きしてほしい旨のメッセージを送ります。

右側のセラー情報の下にContact sellerとあるので、ここをクリックします。

FAQがあるので確認します。

Make an offerという項目があったので開いて確認して、Google翻訳で翻訳します。

<英文>
How do I make an offer?
The seller hasn’t enabled offers for this item.
See if they’ll consider — send a message with your best price.


<和訳>
どうやってオファーをするのですか?
売り手はこのアイテムのオファーを有効にしていません。

あなたのベストプライスをメッセージで送り、
彼らがそれを検討するかどうか確認してください。



やはり「Make Offer」ボタンが無いので、メッセージで値引き交渉をして、
相手がOKするかどうかを確認するのが良いようです。


それでは、セラーにメッセージを送るために、
「Contact the seller」ボタンをクリックします。

この部分に値引き交渉のメッセージを入力します。

<英文>
Hello 〇〇(セラー名), I’m 〇〇(自分の名前),Japanese buyer live in Japan.

I’m interested in your 〇〇(商品名)and I would like to buy from you.
If you can sell these item by 〇〇〇(金額) including shipping cost, I’ll buy them at once.
Please think positively.

Thank you.

Best regards, 〇〇(自分の名前)

<和訳>
こんにちは、〇〇 私は日本に住んでいる日本人バイヤーの〇〇です。

あなたの〇〇に興味を持ち、あなたから買いたいと思っています。
もし送料込みで〇〇〇で売ることができるならば、すぐに購入します。
どうか前向きに検討してください。

よろしく。

敬具 〇〇


このような英文を入力し、「Send a copy to my email address.」に
チェックボックスを入れ、「Send message」をクリックします。

これでメッセージ送信が完了です。

こちらからの値引き交渉にOKしてくれるセラーもいますし、
断ってくるセラーもいます。

断られてもめげずに、同じ商品を取り扱っている別のセラーを探して、
再度値引き交渉
をしましょう。


もし値引き交渉できるセラーがいないのであれば、売価と仕入れ価格をチェック
して利益額が5,000円を残せるのであれば提示されている価格で購入しましょう。

eBay輸入では1か月あたりの利益(月利と言います)として10万円を目指すことが
一つの目安
になってきます。


ヤフオクやメルカリで販売するとして、取扱商品全体で、最低でも1週間で5個
(1日1個より少し少ないペース)売れるというペースを仮定し、

4週間で20個売れる(1種類20個でも良いですし、4種類5個ずつで計20個でも
良いです)と想定しておきます。


そうすると、月利10万円を稼ぐためには、上記の通り商品を月間で20個売ると
仮定した場合に商品1つ当たりの利益が5,000円必要
ということになります。


商品1つ当たりの利益額を3,000円としても1,000円としても良いのですが、
月利10万円を達成するのに必要な販売個数が多くなっていきますので、
相当数売れるという商品を取り扱う必要があります。


相当数売れる商品というのは人気商品ということですので、ライバルセラーが
多くいるため、
需給バランスで供給の方が多くなり、落札価格が下がりやすく
なります。

そうなると利益額がどんどん下がっていき、売り手側として利益の取れない
美味しくない商品
ということになってしまいます。


最速で月利10万円を稼ぐためには、
需要数、供給数を元に戦略を立て、利益額を考えながら仕入れを行い、
在庫を出来るだけ絞りながら効率よくビジネスを行っていく
必要があります。


そのためにも、仕入れ価格をできるだけ抑えるべく、
仕入れの際には値引き交渉を必ず行う
ようにしてくださいね。

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!


それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。