こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、US Amazon(Amazon アメリカ)での仕入れについてと題して、
US Amazonでの仕入れやちょっとしたテクニックについてご説明します。

eBayで仕入れたい商品を見つけた時には、値引き交渉を行います。

でも値引き交渉が上手く行かなかった時には、Googleで商品を検索して
eBay以外でその商品が売っていないかを調べます。

その際には、必ず世界各国のAmazonでも調べてみるようにしてください。

eBayよりもAmazonで安く販売されているということもありますよ!

■eBayよりも安く仕入れられる商品もある

eBayで仕入れリサーチをしていると、いつの間にかeBayだけしか見なくなって
しまっていることがよくあります。
視野狭窄を起こしてしまい、eBayだけしか見なくなってしまうのです。

これは非常にもったいないことです。

eBayで仕入れリサーチを行うのは値引き交渉が出来るからであって、
eBayが一番安いというわけではありません。


もしかしたら他にも安い価格で販売しているショッピングサイトがあるかも
しれませんし、
メーカーサイトのアウトレットなどで安く販売しているかも
しれません。

仕入れリサーチをする時は、常に色々なサイトを見比べて、
必ずどこが一番安い商品なのかを探す
ようにしてくださいね。

なお、US Amazon(Amazon アメリカ)では、eBayよりも安く仕入れられる
商品がかなりあります。

例えばこの機械。


車用の検査診断機器です。

これをまずeBayで探してみます。

 


商品価格は、$216.93+$8.99+$3.75=$229.67です。
$1=\104だとすると、$229.67×\104=23,885.68円なので、
四捨五入して約23,886円です。

US Amazonでも探してみましょう。

 


商品価格は、送料と関税デポジットを含んで$192.79です。
先ほどと同じく日本円に換算すると、$192.79×\104=\20,050.16なので、
四捨五入して約20,050円です。

eBayで買うと約23,886円、US Amazonで買うと約20,050円。

その差は約3,836円もあります

こんなに差が出るのであれば、これはもうUS Amazonで買うしかないですよね。
1個販売するごとに、約3,836円が何もしなくても多く入ってくるんですから。

このように、eBayとUS Amazonで値差がある商品が結構ありますので、
仕入れリサーチでは必ずUS Amazonでもリサーチをするようにしましょう。

ちなみに・・・。
この商品の場合、メーカーサイトで買うと更に安くなります。

 


なんと、配送料込み(関税分は含まず)$189です。
日本円に換算すると、約19,656円となりますので、eBay、US Amazonに比べても
最安値となります。
仕入れリサーチをする際は、メーカーサイトでも商品価格がいくらなのかを確認
しておくと良いですね。

■US Amazon(Amazon アメリカ)は、関税を先に払うがあとから返金されることもある

日本のAmazonで日本在住者が購入する場合はあまり馴染みがありませんが、
Amazonでは関税が掛かる場合、先払いをします。

日本からUS Amazonで購入する際に関税が掛かる場合、購入の段階で関税分の
お金を先に支払います。

eBayもGlobal Shipping Programで発送される商品で関税が掛かる場合、
購入の段階でその分のお金を先に支払います。

これはeBayもUS Amazonも同じですね。

ですが、US Amazonのすごいところは、
取引終了後でも、輸出手数料の保証金を購入者から多くもらい過ぎていたことが
分かったら、あとから一部が返金されるのです。
(もちろん、常に返金されるわけではありません。)


これはAmazon.comから来たメールです。
内容的には、
「輸出手数料の引き下げがあったので、輸出手数料の前払い分を返金します」
という内容です。
大した金額ではありませんが、2個で$13.46の払い戻しがありました。

1個あたり$6.73、日本円で700円くらいの小さな話ですが、
それでも嬉しいしありがたいですよね!
昼ごはん代くらいにはなります。

 


しかも・・・!
驚くのは、この返金処理が1年経ってからも行われたこと
(だいたい1か月後とかに返金処理が行われます)

この返金処理のメールがAmazon.comから届いたのはつい先日なのですが、
最近はAmazon.comから仕入れをしていなかったので、
最初は詐欺メールかと思って身構えてしまいました


ですが、正規のログイン方法でAmazon.comのアカウントを確認してみたところ、
本当に返金されていたのでビックリ

1年経ってからも返金処理がされるんだ!と感心してしまいました

忘れた頃に返ってきたので、ちょっとした利息みたいな感覚ですね。
金額は安いですが(苦笑)

■Amazonの価格変動を知る方法

Amazonで購入する際には、eBayと違って値引き交渉が出来ません。

その時に表示されている価格で購入するか、しないか。
非常にシンプルです。

ですが。

Amazonで表示されている価格が変動する場合があるのをご存じですか?



このグラフは、Google Chromeで利用できるプラグインを使用して表示した
Amazonの商品の価格変動を知ることができるグラフです。
見ての通り、9月末から12月にかけて価格が下落しているのが分かりますよね。

これは、商品が一定期間売れないので出品者が販売価格を下げているんですね。
初めは$177くらいで出品していますが、12月に$132くらいまで下がっています。
この差は$45ですので、日本円にして約4,680円。

これは非常に大きいですね!!!
安い時に買うと1個売るだけで自動的に差額分の金額が利益として
上積みされていきますね!

もちろん、常に下げっぱなしなのかというと、そうではありません。

 


別の商品ですが、こんなグラフもあります。
8月15日前後で$20くらい下がり、一旦値を戻すも8月20日前後で$40くらい大幅に
下がり、その後9月はちょこちょこと値動きを繰り返し、10月からは値が戻る、
という感じです。

ちなみに、このグラフには「$○○を下回ったらメールで通知する」という機能が
付いています
ので、上図で$190を下回った時に通知されるように設定しておいた
としたら、8月に通知が来て即仕入れ&利益アップということになったでしょうね。

Amazonではこんな風に販売価格が上下することがありますので、
どのタイミングで仕入れを行うと良いのかをある程度見極めると、
利益アップに繋がりますよ!

なお、このグラフはKeepaというGoogle Chromeのプラグインで表示されます。

Keepa – Amazon Price Tracker

Google ChromeにインストールしておくとAmazonを開いた時に下図のように表示
されますので、非常に便利ですよ。

 


いかがでしたでしょうか。

US Amazonは仕入れ先としても利用できますしeBayよりも価格が安い商品も
ありますので、どんどん使っていきましょうね。

US Amazonは英語だからと恐れることはありませんよ。
日本のAmazonとほぼ同じような作りですので日本のAmazonを参照しながら
各項目を見ていけばなんとなく分かりますし、Google Chromeで日本語に
変換すればほぼ大丈夫です。

1つのサイトにとらわれることなく、
色々なサイトを見比べて最安値の価格で仕入れを行い、
利益をアップできるようにしていきましょう!

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。