こんにちは、HIRAOKAです。
今回は、個人輸入ビジネスで利用する海外の転送業者について、と題して、
実際に私が利用している転送業者のご説明をします。

以前の記事でも少し書きましたが、
日本には発送しないショップやeBayセラーの商品を購入したい時、
転送業者を利用すれば商品を日本へ送ってもらうことができます。


もちろん利用するにあたって手数料は取られますが、
複数の商品を同梱して送料を安く抑えてくれたり、
現地の購入代行などにも対応してくれる業者さんもいるので、
利用した方がグッとビジネスが広がります。

■転送業者とは

転送業者とは、
依頼者が購入してショップから届く荷物を依頼者の指定する住所に発送する業者
のこと
です。

主に海外のサービスで、日本国内で買い物をする場合には必要が無いので
あまり馴染みが無いかもしれませんね。

例えば、日本では販売されていないブランドの商品を
日本に居ながらにして欲しい場合、海外のオンラインショップで購入をします。

そのショップが日本に発送してくれるなら良いのですが、
発送してくれない場合もあります。

その際に転送業者を利用して、
転送業者の住所に商品を配送するようにオンラインショップに指示をします。

商品が転送業者に到着したら、
日本に商品を送るように転送業者に指示を出します。
上図の下段部分の倉庫の箇所ですね。

その際に、いくつかのオンラインショップから買い付けをした場合には、
それらの商品を1つになるようにして送るように指示することもできますよ。


複数の商品を同梱すると商品1個当たりの配送料を安く抑えることができるので
かなりオススメです。

■転送業者のメリットとデメリット

次に、転送業者を利用した際のメリットとデメリットについてご説明します。

転送業者を利用する場合のメリット

・複数の商品を購入した場合、1個当たりの配送料を安く抑えられる。
複数のオンラインショップから商品を購入した場合、
通常であればそれぞれの商品に対して配送料が掛かります。

それらを全て転送業者宛に送り、
転送業者からまとめて日本に送ってもらえば、
まとめることで国際配送料を安く抑えることができます


・購入代行をしてくれる転送業者もある。

日本国内からはアクセスできない海外のオンラインショップや、
日本には発送しないという海外のブランドなどがあります。


これらのオンラインショップやブランドには日本国内に販売代理店があり、
日本人にはそこから購入して欲しいためこのような方法を取っています。

しかし、これらの日本国内の販売価格は海外現地価格に比べてかなりお高めです。
そういう時には、現地で購入代行をしてくれる転送業者を利用して、
日本国内の販売価格よりも安く入手しましょう

転送業者を利用する場合のデメリット

・転送サービスの利用料が掛かる。
そこまで高くはありませんが、
転送サービスの利用料というコストが掛かり、利益が減ります。

・日本語非対応の転送業者もある。
日本語非対応の転送業者もあります。
とはいえ、以前に比べると大分日本語対応の転送業者も増えてきました。
まぁ英語しか使用できないと言っても、翻訳サイトがあれば問題ありません。

・転送業者の住所が買い付け先に把握されてしまっている場合、
2度目の購入ができなくなる。

国外発送NGのオンラインショップの場合、
転送業者の住所で購入すると2度目の購入を断られる場合があります。

私も1回体験したたことがあるのですが、
国外発送NGのメーカーのオンラインショップで買付けを行った際に、
商品のお届け先を転送業者の住所で登録しました。

初回は大丈夫だったのですが、
リピート購入をしようとしたところ、オンラインショップから
メールが来て、注文が全てキャンセル処理をされてしまいました。

ちなみに、以下がその際にメーカーから来たメールです。
《要約》
君が注文時に指定した住所は転送業者の住所だよね。
ウチは国外の人には売らない&送らないスタンスだから、
今回の君からの注文はキャンセルするよ。

ウチは国際卸売業者と非常に厳しい契約を結んでいるんだ。
ウチとしては彼らを大事にしているから、君は彼らから購入してね。

これを読んだ時、頭の中でガビーン!ってなりました(苦笑)

でも大丈夫!

こういう時には、購入代行をしてくれる転送業者を利用しましょう。
別途サービス手数料が掛かりますが、安全に購入できます。

■私が利用している転送業者

私はいくつか転送業者を利用していますので、
それぞれの業者の情報を簡単に記載しておきます。

【イギリス】
Forward2me

イギリスから商品を送ってもらうために利用しています。
(イギリスの本島、諸島(非課税)、ドイツに倉庫があります)

イギリスのeBayセラーで日本には送らないというセラーがいたので、
イギリスの転送業者にアカウントを開設し、転送業者経由で送ってもらいました。

ホームページややりとりは英文ですが、
翻訳機能や翻訳サイトを使用すれば比較的簡単に登録および利用できると思います。

 

【アメリカ】
はむはむ便

アメリカのオレゴン州にある転送業者です。

アメリカではお届け住所の州によってはアメリカ国内の販売税が発生しますが、
次の5州(オレゴン・モンタナ・デラウェア・ニューハンプシャー・アラスカ)を
お届け住所に指定するとアメリカ国内の販売税が掛かりません。

※アラスカ州は一部の市で販売税が発生します。

はむはむ便はオレゴン州に位置しているので、消費税が掛かりません。
また、日本人が運営しているので日本語でのやりとりが可能です。
その他にも、有料になりますがきめ細やかなサービスを提供していますので、
アメリカから初めて転送をする方はこちらを検討してみると良いと思います。

 

US-BUYER.com

アメリカのオレゴン州にある転送業者ですので、消費税が掛かりません。
こちらも日本人が運営しているので日本語でのやりとりが可能です。
購入代行も行っていて、アメリカ以外には送らないショップなどでの
買い付けを行ってくれます。

 

ザックリと簡単にご説明しましたが、
もちろんこれら以外にも転送業者はたくさんあります。
(超有名なMyUSとか、テラロジなど色々ありますよ!)


それぞれ売り(料金・速さ・サービス内容)が違うので、
あなたに合った転送業者を選ぶようにし
ましょうね

■期間限定の特典付き!個人輸入ビジネスマニュアル無料プレゼント中!

私の今までに得た個人輸入ビジネスの知識やノウハウをまとめた
個人輸入ビジネスのマニュアルを無料でプレゼントしています!

副業初心者でも、輸入の経験が無くても
個人輸入ビジネスを実践できるよう、
段階的にコンテンツを記載しました。

私もこの方法で個人輸入ビジネスを実践して、
開始2ヶ月で月利10万円を達成することができましたし、
開始3か月後には月利19万円弱と利益を伸ばし
なんと開始半年後には月利45万円を達成できました!
※もちろん今でも継続して現役で輸入販売を行っています。

期間限定でメルマガ登録者限定特も付いていますので、
是非下の画像をクリックしてメルマガに登録し、
マニュアルと特典をお受け取りになってくださいね!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。